Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 日明貿易(にちみんぼうえき)は、室町時代に日本が中国の明朝と行った貿易。貿易の際に、倭寇と区別し正式な遣明使船である事が確認できるよう勘合(勘合符)を使用したことから勘合貿易(かんごうぼうえき)とも呼ばれる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 164582 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3260 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 101 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56320399 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 日明貿易(にちみんぼうえき)は、室町時代に日本が中国の明朝と行った貿易。貿易の際に、倭寇と区別し正式な遣明使船である事が確認できるよう勘合(勘合符)を使用したことから勘合貿易(かんごうぼうえき)とも呼ばれる。
rdfs:label
  • 日明貿易
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of