Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 日向灘(ひゅうがなだ)とは、北西太平洋の一部で、宮崎県東部沖合の海域。黒潮が都井岬沖を経て四国沖に達するため、イワシ、マグロ、カツオの回遊する好漁場になっている。また、景観が美しく日豊海岸や日南海岸といった国定公園、更にシーガイアなどの観光資源にも恵まれている。かつては碁石の産地として知られていたが、現在は原料となるハマグリが絶滅寸前に追い込まれている。今では絶滅したと見られるが、シロナガスクジラなどの大型種やイルカなどの小型種にいたるまでの多様な鯨類、大淀川河口のニホンアシカの棲息地など、豊かな生態系が存在した。日南市には「いるか岬」と呼ばれる地名も残る。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 212627 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 949 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 40 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58980807 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 日向灘(ひゅうがなだ)とは、北西太平洋の一部で、宮崎県東部沖合の海域。黒潮が都井岬沖を経て四国沖に達するため、イワシ、マグロ、カツオの回遊する好漁場になっている。また、景観が美しく日豊海岸や日南海岸といった国定公園、更にシーガイアなどの観光資源にも恵まれている。かつては碁石の産地として知られていたが、現在は原料となるハマグリが絶滅寸前に追い込まれている。今では絶滅したと見られるが、シロナガスクジラなどの大型種やイルカなどの小型種にいたるまでの多様な鯨類、大淀川河口のニホンアシカの棲息地など、豊かな生態系が存在した。日南市には「いるか岬」と呼ばれる地名も残る。
rdfs:label
  • 日向灘
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:riverMouth of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:河口 of
is prop-ja:海域 of
is prop-ja:特記事項 of
is foaf:primaryTopic of