Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 既視感(きしかん)は、実際は一度も体験したことがないのに、すでにどこかで体験したことのように感じることである。フランス語 "déjà-vu"よりデジャヴュ、フランス語由来の英語 "déjà vu"よりデジャヴまたはデジャブなどとも呼ばれる。フランス語の vu (「見る」を意味する動詞 voir の過去分詞)、および、訳語の「視」は、いずれも視覚を意味するものであるが、聴覚、触覚など視覚以外の要素もここでいう「体験」のうちに含まれる。既知感ともいう。既視感と逆に、見慣れたはずのものが未知のものに感じられることを「未視感」という。フランス語 "jamais vu"より「ジャメヴュ」「ジャメヴ」「ジャメブ」とも呼ばれる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 441632 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3731 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 39 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59234001 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 既視感(きしかん)は、実際は一度も体験したことがないのに、すでにどこかで体験したことのように感じることである。フランス語 "déjà-vu"よりデジャヴュ、フランス語由来の英語 "déjà vu"よりデジャヴまたはデジャブなどとも呼ばれる。フランス語の vu (「見る」を意味する動詞 voir の過去分詞)、および、訳語の「視」は、いずれも視覚を意味するものであるが、聴覚、触覚など視覚以外の要素もここでいう「体験」のうちに含まれる。既知感ともいう。既視感と逆に、見慣れたはずのものが未知のものに感じられることを「未視感」という。フランス語 "jamais vu"より「ジャメヴュ」「ジャメヴ」「ジャメブ」とも呼ばれる。
rdfs:label
  • 既視感
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of