Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 施薬院 秀隆(やくいん ひでたか/しゅうりゅう、天正元年(1573年) - 天正18年(1590年))は、安土桃山時代の医師。施薬院全宗の子。施薬院使。姓の読みは「せやくいん」とも。豊臣秀吉に仕え、諱の字を与えられ秀隆と称するとともに、従五位下、侍従に叙任された。この時、本姓を丹波氏より藤原氏に改めた。天正16年(1588年)後陽成天皇が聚楽第に行幸の時に騎馬にて供奉し、和歌御会に出席する。その後従四位下、少将に叙任されるが、父に先立ち夭折した。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2082602 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 552 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 16 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58561624 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 施薬院 秀隆(やくいん ひでたか/しゅうりゅう、天正元年(1573年) - 天正18年(1590年))は、安土桃山時代の医師。施薬院全宗の子。施薬院使。姓の読みは「せやくいん」とも。豊臣秀吉に仕え、諱の字を与えられ秀隆と称するとともに、従五位下、侍従に叙任された。この時、本姓を丹波氏より藤原氏に改めた。天正16年(1588年)後陽成天皇が聚楽第に行幸の時に騎馬にて供奉し、和歌御会に出席する。その後従四位下、少将に叙任されるが、父に先立ち夭折した。
rdfs:label
  • 施薬院秀隆
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of