Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 方位角(ほういかく、英語: azimuth)とは、方位(方向の水平成分)の数値表現であり、基準となる方位との間の角度のことを言う。航空分野においては、機首の方向や進行方向を示すのに用いられる。水平座標系や天測航法、また衛星通信用地上アンテナの光軸方向を示すときには、水平方向の方位角と、垂直方向の仰角という2つの角度を用いる。角度の単位は測量や航法などの分野においては標準的には度・分・秒が用いられる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 430640 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1498 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 33 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58229729 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 方位角(ほういかく、英語: azimuth)とは、方位(方向の水平成分)の数値表現であり、基準となる方位との間の角度のことを言う。航空分野においては、機首の方向や進行方向を示すのに用いられる。水平座標系や天測航法、また衛星通信用地上アンテナの光軸方向を示すときには、水平方向の方位角と、垂直方向の仰角という2つの角度を用いる。角度の単位は測量や航法などの分野においては標準的には度・分・秒が用いられる。
rdfs:label
  • 方位角
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of