Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 新鰭亜綱(しんきあこう、Neopterygii)は、条鰭綱に属する魚類の下位分類群の一つ。最初の新鰭亜綱魚類は初期の条鰭類からほとんど変化しないまま、恐竜の出現に先駆けてペルム紀後期に現れた。以降、その進化の過程において鱗や骨格の軽量化を果たすとともに、力強く効率的に運動を行える顎を獲得した。敏捷な運動性と高い摂食能力を備えた新鰭亜綱の仲間は、白亜紀以降急激に勢力を伸ばし、現代では世界の海洋および淡水域で最も繁栄したグループとなっている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1700867 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4459 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 83 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51844918 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:上綱
  • 顎口上綱
prop-ja:下位分類
  • 本文を参照
prop-ja:下位分類名
  • 下位分類
prop-ja:亜綱
  • 新鰭亜綱
prop-ja:名称
  • 新鰭亜綱
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像キャプション
  • スポッテッドガー Lepisosteus oculatus
prop-ja:省略
  • 条鰭綱
dc:description
  • スポッテッドガーLepisosteus oculatus
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 新鰭亜綱(しんきあこう、Neopterygii)は、条鰭綱に属する魚類の下位分類群の一つ。最初の新鰭亜綱魚類は初期の条鰭類からほとんど変化しないまま、恐竜の出現に先駆けてペルム紀後期に現れた。以降、その進化の過程において鱗や骨格の軽量化を果たすとともに、力強く効率的に運動を行える顎を獲得した。敏捷な運動性と高い摂食能力を備えた新鰭亜綱の仲間は、白亜紀以降急激に勢力を伸ばし、現代では世界の海洋および淡水域で最も繁栄したグループとなっている。
rdfs:label
  • 新鰭亜綱
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 新鰭亜綱
  • 条鰭綱
is dbpedia-owl:class of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:亜綱 of
is foaf:primaryTopic of