Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 新青年(しんせいねん)は、日本で1920年に創刊され、1950年まで続いた日本の雑誌。発行は博文館など。1920年代から1930年代に流行したモダニズムの代表的な雑誌の一つでもあり、「都会的雑誌」として都市部のインテリ青年層の間で人気を博した。国内外の探偵小説を紹介し、また江戸川乱歩、横溝正史を初めとする多くの探偵小説作家の活躍の場となって、日本の推理小説の歴史上、大きな役割を果たした。また牧逸馬、夢野久作、久生十蘭といった異端作家を生み出した。平均発行部数は3万部前後、多い時は5~6万部に達していたと言われている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 355336 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5704 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 244 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57054441 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 新青年(しんせいねん)は、日本で1920年に創刊され、1950年まで続いた日本の雑誌。発行は博文館など。1920年代から1930年代に流行したモダニズムの代表的な雑誌の一つでもあり、「都会的雑誌」として都市部のインテリ青年層の間で人気を博した。国内外の探偵小説を紹介し、また江戸川乱歩、横溝正史を初めとする多くの探偵小説作家の活躍の場となって、日本の推理小説の歴史上、大きな役割を果たした。また牧逸馬、夢野久作、久生十蘭といった異端作家を生み出した。平均発行部数は3万部前後、多い時は5~6万部に達していたと言われている。
rdfs:label
  • 新青年 (日本)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of