Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『新選組血風録』(しんせんぐみけっぷうろく)は、司馬遼太郎の同名の短編小説集を原作とした連続テレビドラマ。現在までに以下の3作品が製作されている。 NET(現テレビ朝日)製作、1965年から1966年にかけて放送の作品 テレビ朝日製作、1998年放送の作品 NHK製作、2011年放送の作品本記事ではこれらを一括して扱う。
dbpedia-owl:channel
dbpedia-owl:country
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:producer
dbpedia-owl:starring
dbpedia-owl:storyEditor
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2208242 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 21406 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 521 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59021158 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ジャンル
prop-ja:プロデューサー
prop-ja:備考
prop-ja:備考1のスタイル
  • text-align:center;
prop-ja:出演者
prop-ja:制作局
prop-ja:前番組
prop-ja:原作
prop-ja:外部リンク
prop-ja:外部リンク名
  • 公式サイト
prop-ja:放送分
  • 45 (xsd:integer)
  • 54 (xsd:integer)
  • 60 (xsd:integer)
prop-ja:放送回数
  • 10 (xsd:integer)
  • 12 (xsd:integer)
  • 26 (xsd:integer)
prop-ja:放送局
prop-ja:放送日
  • --01-02
  • --07-11
  • --07-18
  • --07-25
  • --08-01
  • --08-08
  • --08-15
  • --08-22
  • --08-29
  • --09-05
  • --09-12
  • --09-19
  • --09-26
  • --10-03
  • --10-10
  • --10-17
  • --10-24
  • --10-31
  • --11-07
  • --11-14
  • --11-21
  • --11-28
  • --12-05
  • --12-12
  • --12-19
  • --12-26
prop-ja:放送時間
  • 木曜日20:00 - 20:54
  • 日曜日18:45 - 19:30
  • 日曜日21:30 - 22:30
prop-ja:放送期間
  • --04-03
  • --07-11
  • --10-08
prop-ja:放送枠
  • dbpedia-ja:BS時代劇
  • BS時代劇
  • 1200.0
  • 木曜時代劇
  • 名作ドラマアワー(時代劇枠)
  • 日曜21:30 - 22:30枠
prop-ja:概要
  • dbpedia-ja:肺結核
  • dbpedia-ja:池田屋
  • dbpedia-ja:近藤勇
  • dbpedia-ja:菊一文字
  • dbpedia-ja:十津川郷士
  • dbpedia-ja:土方歳三
  • dbpedia-ja:大坂城
  • dbpedia-ja:尊王攘夷
  • dbpedia-ja:新選組
  • dbpedia-ja:水戸藩
  • dbpedia-ja:長州藩
  • dbpedia-ja:京都所司代
  • dbpedia-ja:北辰一刀流
  • dbpedia-ja:斎藤一
  • dbpedia-ja:永倉新八
  • dbpedia-ja:遠国奉行
  • dbpedia-ja:沖田総司
  • dbpedia-ja:御所
  • dbpedia-ja:志士
  • dbpedia-ja:虎徹
  • dbpedia-ja:鳥羽・伏見の戦い
  • 京都で顔の広い新選組隊士の佐野久次郎は山南敬助に内密に頼まれ、本願寺の坊官との会合を斡旋してやる。その帰り道、酒乱の気のある佐野は酔った勢いで、罪もない浪人を斬ってしまう。悔やんだ佐野は、自らの不始末を伏せて浪人の妻に尽くすが、次第に彼女に心引かれてゆく。が、町方の知らせで佐野の行いが土方の耳に入った。問い質す土方に、酔っていた佐野は斬りかかる。
  • 江戸に戻った沖田は千駄ヶ谷の植木屋の離れで養生していたが、姉のお光が作ってくれる御馳走も喉を通らないほど身体は衰弱していた。時々仲間がやってきては沖田を励ましてくれるが、誰も来ないときは沖田は一人、吹いてくる風と馴染みになっていった。いよいよ情勢が緊迫し、お光さえも旅立っていく。官軍が江戸に入ったその日、土方が沖田を訪ねてきた。そして土方も去り、風も去っていってしまった。
  • 大坂の幕府軍は江戸に引き上げることになった。土方は重傷の山崎烝を大坂に置いて行こうとするが、山崎の「誠の旗のもとで死にたい」という願いを聞き入れ、一緒に連れて行くことにする。出発の直前、山崎の看病に当たっていた許婚の久江が、自分を今、山崎の妻にして欲しいと願い出る。近藤を仲人に二人は祝言を挙げ、新選組を乗せた富士山丸は大坂を出帆した。しかし、山崎は船中で息絶え、水葬にされる。残された久江は…
  • 近藤と土方、斎藤は若い兵を集めて会津に連れて行こうと、下総流山に仮陣営を敷いていた。その頃、日野では土方の姉のぶとその家族が官軍に捕われ、新選組の行き先を言うよう責められていた。そんな中、ついに流山は官軍に包囲される。土方は戦おうとするが、近藤は官軍に出頭すると言い出す。流山を戦火に晒し、若者たちをいたずらに死なせたくはないとの思いからだった。つねから送られてきた手縫いの着物に着替えた近藤は、土方の叫ぶ声を背に一人去って行った。
  • 長沼流軍学を修めた武田観柳斎(五番隊組長)は、隊内で兵法指南に当たっていたが、幕府がフランス式調練を取り入れたため焦っていた。そんな時、平隊士の一人が斬殺される事件が起きた。調べていくうち、武田の名前が出た。どうやら薩摩藩と内通しているらしいが証拠がない。そこで土方が一計を案じ、罠にかかった武田は慌てて行動を起こす。しかし、沖田と斎藤に、銭取橋に追い詰められる。
  • 芹沢鴨たちの乱行は目に余るものがあった。このままでは新選組の評判は悪くなるばかりだ。そんな中、京都守護職から呼び出されて釘を刺された近藤と土方は、ついに芹沢一派の謀殺を決意する。雨の夜、土方たちは芹沢の寝所に向かった。
  • 土方は旧幕府軍の榎本武揚たちと箱舘五稜郭にいた。陸軍奉行並であったが、軍議などには参加せず、ただ新政府軍との決着をつける日を待っているのみだった。ある日、箱館の遊郭に京都の女がいると聞いて、不審をもった土方は訪ねてみた。なんと、女は土方を仇と狙う山南敬助の恋人、光枝だった。土方はその場は名乗らずに立ち去る。そんな中、ついに総攻撃の日が来た。土方は光枝に名を明かし、命を大事にしろと告げて、戦火の中に去ってゆく。
  • 伊東甲子太郎の右腕、篠原泰之進は明るく磊落な性格で隊内でも人気があった。伊東は、篠原が承知すれば新選組を離れたいと思っていた。そんな時、篠原が局中法度違反を犯し、ついに伊東一派は隊から分離する。倒幕派となった伊東を新選組は暗殺し、遺体を油小路に運んで伊東一派をおびき寄せるが、駆け付けた中には試衛館以来の同士である藤堂平助もいた。皆は藤堂を逃がそうとするが、土方の剣はそれを許さなかった。
  • 発足間もない新選組は近藤派と芹沢派に分かれて対立していた。土方は隊の象徴となる旗には「誠」という字を使おうと考えていたが、土方の情熱に打たれた染物屋の女主人お栄は精魂こめて誠の旗を作る。一方、土方が作った局中法度で縛られている芹沢たちは面白くない。そこで揺さぶりをかけようとお栄に目を付けた。
  • 履物屋の清作は武士になりたい一心で、新選組の入隊試験を受けた。初めは不採用と言われたが、沖田が清作の店で姉に贈る下駄を買ったという縁で、めでたく隊士となる。後に清作は、隊の公金を狙った賊と戦いもせず逃げ出し、士道不覚悟で処断される。土方は偶然履物を求めて入った店で清作の妹に出会う。
  • 新しく隊士を募るために、井上源三郎は八方に足を運んでいた。そうして集めた中に若い牧兵馬がいた。間もなく実践の訓練で戦いに参加した兵馬は、瀕死の敵にとどめを刺すことを拒み、謹慎処分を受ける。井上は兵馬に名誉回復の機会を与えようと、木屋町二条に潜む浪士の襲撃隊に加えた。襲撃の中、浪士たちは鉄砲を撃ちかけてきた。功をあせった兵馬は、弾の中に飛び出してゆく。
  • 深町新作は竹生島詣での道中で京女、おそのと出会い恋に落ちる。が、浪人の身では結婚は出来ない。そんな深町に長州の桂小五郎が新選組に入隊して情報を流して欲しいと依頼してきた。深町はおそのと一緒になりたい一心で間者を引き受ける。
  • 山崎烝は大坂船場高麗橋の鍼医の息子だったが、鏡新明智流の道場に通い、目録の腕前だった。ある時、道場にやってきた赤穂義士の子孫である大高忠兵衛に、先祖のことで侮辱を受ける。後年、新選組に入隊した山崎は、探索していた池田屋で憎き大高と再会した。
  • 七番隊を率いる谷三十郎は宝蔵院流槍術の名手だった。ある時、土方は座興に谷と斎藤一に模範試合をさせるが、決着がつかない。そんな二人の隊が大坂出張を命ぜられた。到着早々、七番隊が浪士に襲われて全滅し、口の上手い谷の主張が通って斎藤が責任を取らされる。土方は斎藤の名誉回復のため、谷との試合の続きをさせる…
  • 幕府と薩長軍との戦いが目前に迫っていた。そんな時、斎藤一はみなしごの少女、おしづと知り合う。新選組や会津藩は、戦いの最前線となる伏見に移ることになった。隊士たちは移動と身辺整理で忙しい。斎藤はおしづに養い親を見つけてやった。それが斎藤なりの身辺整理だった。が、おしづは斎藤の後を追いかけて行き、倒れてしまう。しかし、斎藤は嘆かなかった。どうせあの世ですぐに会えるから、と…
  • 素朴で腕も立つ田舎出丸出しの隊士・鹿内薫に女が出来た。夫婦になるには手柄を立てて役付きになるしかない。原田左之助は彼に出世の機会を作ってやろうと危険な任務を与えた。しかし、土方はそれに反対した。果たして、その危惧は的中する。
  • ある夜、大勢の浪士に襲われた土方は、おみねの機転で危機を脱した。しかし、それが原因でおみねは仕事を失くしてしまう。消息を絶ったおみねを案じる土方と、愛するがゆえに土方を訪ねていかないおみね。不器用な男と女が織りなす淡い恋は…
  • 新選組は江戸に帰り着いた。近藤は妻つねの看病で傷を癒し、原田・永倉は江戸の旧友に会い、土方は新選組再建のために奔走する。近藤らは甲府城を守るよう命令され、「甲陽鎮撫隊」として甲州に向かうが、ここでも官軍との戦いに敗れて敗走する。原田と永倉は新選組の名を捨て、旗本たちと一緒に戦おうと近藤・土方を誘うが、近藤は席を蹴って立ち去る。月明かりの中、近藤の傍らに立つのは土方だけだった。しかし、そこに斎藤一が現れる。
prop-ja:次番組
prop-ja:演出
prop-ja:番組名
  • 新選組血風録(2011年版)
  • ※ここまで木曜時代劇
  • 新選組血風録
  • 新選組血風録(1965年版)
  • 新選組血風録(1998年版)
  • 新選組血風録(1998年)
  • (1998.10 - 1998.12)
prop-ja:監督
prop-ja:脚本
prop-ja:話数
  • 最終話
  • 第10話
  • 第1話
  • 第2話
  • 第3話
  • 第4話
  • 第5話
  • 第6話
  • 第7話
  • 第8話
  • 第9話
  • 話数
  • 第11話
  • 第14話
  • 第12話
  • 第13話
  • 第15話
  • 第16話
  • 第17話
  • 第18話
  • 第19話
  • 第20話
  • 第21話
  • 第22話
  • 第23話
  • 第24話
  • 第25話
prop-ja:題名
  • エピソードタイトル
  • 流山
  • あかね雲
  • その前夜
  • 刺客
  • 夕陽の果て
  • 強襲十津川屋敷
  • 昏い炎
  • 槍は宝蔵院流
  • 江戸の月
  • 池田屋騒動異聞
  • 油小路の決闘
  • 海仙寺党全滅
  • 海鳴りが呼ぶ
  • 燃える生命
  • 狂った盃
  • 紅花緒
  • 胡沙笛を吹く武士
  • 脱走
  • 菊一文字
  • 虎徹という名の剣
  • 襲撃木屋町二条
  • 誠の旗
  • 長州の間者
  • 風去りぬ
  • 鴨千鳥
  • 鴨川銭取橋
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『新選組血風録』(しんせんぐみけっぷうろく)は、司馬遼太郎の同名の短編小説集を原作とした連続テレビドラマ。現在までに以下の3作品が製作されている。 NET(現テレビ朝日)製作、1965年から1966年にかけて放送の作品 テレビ朝日製作、1998年放送の作品 NHK製作、2011年放送の作品本記事ではこれらを一括して扱う。
rdfs:label
  • 新選組血風録 (テレビドラマ)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 新選組血風録
is dbpedia-owl:notableWork of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:前番組 of
is foaf:primaryTopic of