新藤 兼人(しんどう かねと、1912年(明治45年)4月22日 - 2012年(平成24年)5月29日)は、日本の映画監督、脚本家。本名は新藤 兼登(読み方同じ)。表現の自由と思想の自由を、とことん追求した監督である。日本のインディペンデント映画の先駆者であった。性のタブーに挑戦したり社会派映画を制作したりと、冒険的な作品を発表した点が、同世代の監督と大きく異なる点である。『鉄輪(かなわ)』のように前衛的な作品まで制作した。脚本作品も、約370本と非常に多い。近代映画協会会長。従三位、広島県名誉県民、広島市名誉市民、広島県三原市名誉市民。

Property Value
dbo:abstract
  • 新藤 兼人(しんどう かねと、1912年(明治45年)4月22日 - 2012年(平成24年)5月29日)は、日本の映画監督、脚本家。本名は新藤 兼登(読み方同じ)。表現の自由と思想の自由を、とことん追求した監督である。日本のインディペンデント映画の先駆者であった。性のタブーに挑戦したり社会派映画を制作したりと、冒険的な作品を発表した点が、同世代の監督と大きく異なる点である。『鉄輪(かなわ)』のように前衛的な作品まで制作した。脚本作品も、約370本と非常に多い。近代映画協会会長。従三位、広島県名誉県民、広島市名誉市民、広島県三原市名誉市民。 (ja)
  • 新藤 兼人(しんどう かねと、1912年(明治45年)4月22日 - 2012年(平成24年)5月29日)は、日本の映画監督、脚本家。本名は新藤 兼登(読み方同じ)。表現の自由と思想の自由を、とことん追求した監督である。日本のインディペンデント映画の先駆者であった。性のタブーに挑戦したり社会派映画を制作したりと、冒険的な作品を発表した点が、同世代の監督と大きく異なる点である。『鉄輪(かなわ)』のように前衛的な作品まで制作した。脚本作品も、約370本と非常に多い。近代映画協会会長。従三位、広島県名誉県民、広島市名誉市民、広島県三原市名誉市民。 (ja)
dbo:birthYear
  • 1912-01-01 (xsd:gYear)
dbo:deathYear
  • 2012-01-01 (xsd:gYear)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 147748 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 33960 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81582758 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 20060421060556 (xsd:decimal)
prop-ja:title
  • 新藤兼人賞 (ja)
  • 新藤兼人賞 (ja)
prop-ja:url
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:その他の賞
  • 1950 (xsd:integer)
  • 1995 (xsd:integer)
  • 毎日映画コンクール (ja)
  • 脚本賞 (ja)
  • 監督賞 (ja)
prop-ja:ふりがな
  • しんどう かねと (ja)
  • しんどう かねと (ja)
prop-ja:ブルーリボン賞
  • 1960 (xsd:integer)
  • 1995 (xsd:integer)
  • 2011 (xsd:integer)
  • 作品賞 (ja)
  • 監督賞 (ja)
  • 企画賞 (ja)
prop-ja:備考
prop-ja:出生地
  • 、広島県佐伯郡石内村 (ja)
  • (現:広島市佐伯区五日市町石内) (ja)
  • 、広島県佐伯郡石内村 (ja)
  • (現:広島市佐伯区五日市町石内) (ja)
prop-ja:日本アカデミー賞
  • 1978 (xsd:integer)
  • 1995 (xsd:integer)
  • 最優秀作品賞 (ja)
  • 最優秀脚本賞 (ja)
  • 最優秀監督賞 (ja)
  • 特別企画賞 (ja)
prop-ja:本名
  • 新藤 兼登 (ja)
  • 新藤 兼登 (ja)
prop-ja:東京国際映画祭
  • 2011 (xsd:integer)
  • 審査員特別賞 (ja)
prop-ja:死没地
  • 、東京都港区 (ja)
  • 、東京都港区 (ja)
prop-ja:没年
  • 2012 (xsd:integer)
prop-ja:没日
  • 29 (xsd:integer)
prop-ja:没月
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:活動期間
  • 1935 (xsd:integer)
prop-ja:生年
  • 1912 (xsd:integer)
prop-ja:生日
  • 22 (xsd:integer)
prop-ja:生月
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:画像コメント
  • 1948 (xsd:integer)
prop-ja:画像ファイル
  • Shindo Kaneto.JPG (ja)
  • Shindo Kaneto.JPG (ja)
prop-ja:職業
prop-ja:芸名
  • 新藤 兼人 (ja)
  • 新藤 兼人 (ja)
prop-ja:著名な家族
  • 子:しんどうぎんこ (ja)
  • 子:新藤次郎 (ja)
  • 孫:新藤力也 (ja)
  • 孫:新藤風 (ja)
  • 子:しんどうぎんこ (ja)
  • 子:新藤次郎 (ja)
  • 孫:新藤力也 (ja)
  • 孫:新藤風 (ja)
prop-ja:配偶者
  • あり(死別、離別、死別) (ja)
  • あり(死別、離別、死別) (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 新藤 兼人(しんどう かねと、1912年(明治45年)4月22日 - 2012年(平成24年)5月29日)は、日本の映画監督、脚本家。本名は新藤 兼登(読み方同じ)。表現の自由と思想の自由を、とことん追求した監督である。日本のインディペンデント映画の先駆者であった。性のタブーに挑戦したり社会派映画を制作したりと、冒険的な作品を発表した点が、同世代の監督と大きく異なる点である。『鉄輪(かなわ)』のように前衛的な作品まで制作した。脚本作品も、約370本と非常に多い。近代映画協会会長。従三位、広島県名誉県民、広島市名誉市民、広島県三原市名誉市民。 (ja)
  • 新藤 兼人(しんどう かねと、1912年(明治45年)4月22日 - 2012年(平成24年)5月29日)は、日本の映画監督、脚本家。本名は新藤 兼登(読み方同じ)。表現の自由と思想の自由を、とことん追求した監督である。日本のインディペンデント映画の先駆者であった。性のタブーに挑戦したり社会派映画を制作したりと、冒険的な作品を発表した点が、同世代の監督と大きく異なる点である。『鉄輪(かなわ)』のように前衛的な作品まで制作した。脚本作品も、約370本と非常に多い。近代映画協会会長。従三位、広島県名誉県民、広島市名誉市民、広島県三原市名誉市民。 (ja)
rdfs:label
  • 新藤兼人 (ja)
  • 新藤兼人 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • しんどう かねと (ja)
  • 新藤 兼人 (ja)
  • 新藤 兼登 (ja)
  • しんどう かねと (ja)
  • 新藤 兼人 (ja)
  • 新藤 兼登 (ja)
is dbo:basedOn of
is dbo:director of
is dbo:producer of
is dbo:storyEditor of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is dbo:writer of
is prop-ja:screenplay of
is prop-ja:writer of
is prop-ja:監督 of
is prop-ja:脚本 of
is prop-ja:脚色 of
is prop-ja:著名な家族 of
is prop-ja:配偶者 of
is prop-ja:関係する人物 of
is foaf:primaryTopic of