Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 新納 忠光(にいろ ただみつ、? - 慶長8年8月25日(1603年9月30日))は安土桃山時代の薩摩国島津氏の家臣。通称は次郎四郎、次郎兵衛尉。父は新納忠堯、母は上原尚常の娘。妻は肝付兼寛の娘。子は女子が2名(新納忠清室と、桂忠能室)。新納忠堯の嫡子として誕生するも、父の忠堯は忠光の元服前である天正11年(1583年)に肥前龍造寺氏に与する深江城を攻めた際に討ち死にした。天正14年(1586年)8月22日、忠光は肥後国八代にて島津義久の加冠により元服すると、腰物ならびに父と同じ次郎四郎の名を賜った。天正15年(1587年)に島津氏が豊臣秀吉に降伏すると、忠光は天正18年(1590年)に祖父・新納忠元よりの人質として上洛し伏見に住んだが、忠元の弟の忠佐が代わりとなったため帰国した。慶長8年(1603年)に死去。法名は「英伝宗傑居士」。名跡は、叔父・新納忠増の嫡男である忠清が、忠光の娘婿となり継いだ。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3109405 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 758 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 36 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53899538 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 新納 忠光(にいろ ただみつ、? - 慶長8年8月25日(1603年9月30日))は安土桃山時代の薩摩国島津氏の家臣。通称は次郎四郎、次郎兵衛尉。父は新納忠堯、母は上原尚常の娘。妻は肝付兼寛の娘。子は女子が2名(新納忠清室と、桂忠能室)。新納忠堯の嫡子として誕生するも、父の忠堯は忠光の元服前である天正11年(1583年)に肥前龍造寺氏に与する深江城を攻めた際に討ち死にした。天正14年(1586年)8月22日、忠光は肥後国八代にて島津義久の加冠により元服すると、腰物ならびに父と同じ次郎四郎の名を賜った。天正15年(1587年)に島津氏が豊臣秀吉に降伏すると、忠光は天正18年(1590年)に祖父・新納忠元よりの人質として上洛し伏見に住んだが、忠元の弟の忠佐が代わりとなったため帰国した。慶長8年(1603年)に死去。法名は「英伝宗傑居士」。名跡は、叔父・新納忠増の嫡男である忠清が、忠光の娘婿となり継いだ。
rdfs:label
  • 新納忠光
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:child of
is dbpedia-owl:parent of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of