Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 新潮ドキュメント賞(しんちょうドキュメントしょう)は、財団法人新潮文芸振興会が主催するノンフィクションを対象とした文学賞である。ノンフィクションの既刊に与えられる文学賞としては最も後発である。もともとは新潮学芸賞として1988年から2001年の第14回まで続いたものであったが、2002年からノンフィクションを対象とする新潮ドキュメント賞と、評論・エッセイを対象とする小林秀雄賞とに分離した。2002年(平成14年)を第一回として、毎年8月に受賞作が発表される。受賞作は新潮社から発行された作品が多い。講談社ノンフィクション賞、大宅壮一ノンフィクション賞と同時受賞となる作品も多い。発表誌は『新潮45』。副賞100万円。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 381336 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4178 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 129 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58526033 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 新潮ドキュメント賞(しんちょうドキュメントしょう)は、財団法人新潮文芸振興会が主催するノンフィクションを対象とした文学賞である。ノンフィクションの既刊に与えられる文学賞としては最も後発である。もともとは新潮学芸賞として1988年から2001年の第14回まで続いたものであったが、2002年からノンフィクションを対象とする新潮ドキュメント賞と、評論・エッセイを対象とする小林秀雄賞とに分離した。2002年(平成14年)を第一回として、毎年8月に受賞作が発表される。受賞作は新潮社から発行された作品が多い。講談社ノンフィクション賞、大宅壮一ノンフィクション賞と同時受賞となる作品も多い。発表誌は『新潮45』。副賞100万円。
rdfs:label
  • 新潮ドキュメント賞
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:award of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of