新東宝株式会社(しんとうほう)は、かつて東京に存在した日本の映画会社である。1947年(昭和22年)3月に株式会社新東宝映画製作所(しんとうほうえいがせいさくしょ)として創業、1948年(昭和23年)4月に株式会社新東宝として設立され、1958年(昭和33年)2月に同商号に変更している。1961年(昭和36年)に倒産し、1964年(昭和39年)に国際放映株式会社に商号変更した。 同社が存続した1947年 - 1961年の14年間に800本以上の映画を製作。初期は文芸色が強く、ヴェネツィア国際映画祭で国際賞を受賞した『西鶴一代女』のように高く評価される作品もあった。後期は作品カラーを大きく変え、「エログロ」に代表される徹底した娯楽、大衆路線となる。 同社の倒産以降に「新東宝」を名乗る「新東宝興行株式会社」、「新東宝映画株式会社」とは別会社である。⇒ 、新東宝映画

Property Value
dbo:abstract
  • 新東宝株式会社(しんとうほう)は、かつて東京に存在した日本の映画会社である。1947年(昭和22年)3月に株式会社新東宝映画製作所(しんとうほうえいがせいさくしょ)として創業、1948年(昭和23年)4月に株式会社新東宝として設立され、1958年(昭和33年)2月に同商号に変更している。1961年(昭和36年)に倒産し、1964年(昭和39年)に国際放映株式会社に商号変更した。 同社が存続した1947年 - 1961年の14年間に800本以上の映画を製作。初期は文芸色が強く、ヴェネツィア国際映画祭で国際賞を受賞した『西鶴一代女』のように高く評価される作品もあった。後期は作品カラーを大きく変え、「エログロ」に代表される徹底した娯楽、大衆路線となる。 同社の倒産以降に「新東宝」を名乗る「新東宝興行株式会社」、「新東宝映画株式会社」とは別会社である。⇒ 、新東宝映画 (ja)
  • 新東宝株式会社(しんとうほう)は、かつて東京に存在した日本の映画会社である。1947年(昭和22年)3月に株式会社新東宝映画製作所(しんとうほうえいがせいさくしょ)として創業、1948年(昭和23年)4月に株式会社新東宝として設立され、1958年(昭和33年)2月に同商号に変更している。1961年(昭和36年)に倒産し、1964年(昭和39年)に国際放映株式会社に商号変更した。 同社が存続した1947年 - 1961年の14年間に800本以上の映画を製作。初期は文芸色が強く、ヴェネツィア国際映画祭で国際賞を受賞した『西鶴一代女』のように高く評価される作品もあった。後期は作品カラーを大きく変え、「エログロ」に代表される徹底した娯楽、大衆路線となる。 同社の倒産以降に「新東宝」を名乗る「新東宝興行株式会社」、「新東宝映画株式会社」とは別会社である。⇒ 、新東宝映画 (ja)
dbo:commonName
  • 新東宝株式会社 (ja)
  • 新東宝株式会社 (ja)
dbo:foundingYear
  • 1947-01-01 (xsd:gYear)
  • 1948-01-01 (xsd:gYear)
dbo:keyPerson
dbo:locationCountry
dbo:owner
dbo:owningCompany
dbo:purpose
  • 映画の製作配給興行
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 57883 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 13457 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 78859418 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主要子会社
prop-ja:主要株主
prop-ja:事業内容
  • 映画の製作配給興行 (ja)
  • 映画の製作配給興行 (ja)
prop-ja:代表者
  • 代表取締役社長 大蔵貢 (ja)
  • 代表取締役社長 大蔵貢 (ja)
prop-ja:市場情報
  • 非上場 / 現在消滅 (ja)
  • 非上場 / 現在消滅 (ja)
prop-ja:本社所在地
  • 東京都世田谷区砧5丁目7-1 (ja)
  • 東京都世田谷区砧5丁目7-1 (ja)
prop-ja:業種
  • サービス業 (ja)
  • サービス業 (ja)
prop-ja:特記事項
  • 1964 (xsd:integer)
  • --02-01
  • --03-25
  • --04-25
  • --08-31
  • --09-01
prop-ja:略称
  • 新東宝 (ja)
  • 新東宝 (ja)
prop-ja:社名
  • 新東宝株式会社 (ja)
  • 新東宝株式会社 (ja)
prop-ja:種類
  • 株式会社 (ja)
  • 株式会社 (ja)
prop-ja:英文社名
  • Shintoho Company, Ltd. (ja)
  • Shintoho Company, Ltd. (ja)
prop-ja:設立
  • 1947 (xsd:integer)
  • 1948 (xsd:integer)
prop-ja:関係する人物
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 新東宝株式会社(しんとうほう)は、かつて東京に存在した日本の映画会社である。1947年(昭和22年)3月に株式会社新東宝映画製作所(しんとうほうえいがせいさくしょ)として創業、1948年(昭和23年)4月に株式会社新東宝として設立され、1958年(昭和33年)2月に同商号に変更している。1961年(昭和36年)に倒産し、1964年(昭和39年)に国際放映株式会社に商号変更した。 同社が存続した1947年 - 1961年の14年間に800本以上の映画を製作。初期は文芸色が強く、ヴェネツィア国際映画祭で国際賞を受賞した『西鶴一代女』のように高く評価される作品もあった。後期は作品カラーを大きく変え、「エログロ」に代表される徹底した娯楽、大衆路線となる。 同社の倒産以降に「新東宝」を名乗る「新東宝興行株式会社」、「新東宝映画株式会社」とは別会社である。⇒ 、新東宝映画 (ja)
  • 新東宝株式会社(しんとうほう)は、かつて東京に存在した日本の映画会社である。1947年(昭和22年)3月に株式会社新東宝映画製作所(しんとうほうえいがせいさくしょ)として創業、1948年(昭和23年)4月に株式会社新東宝として設立され、1958年(昭和33年)2月に同商号に変更している。1961年(昭和36年)に倒産し、1964年(昭和39年)に国際放映株式会社に商号変更した。 同社が存続した1947年 - 1961年の14年間に800本以上の映画を製作。初期は文芸色が強く、ヴェネツィア国際映画祭で国際賞を受賞した『西鶴一代女』のように高く評価される作品もあった。後期は作品カラーを大きく変え、「エログロ」に代表される徹底した娯楽、大衆路線となる。 同社の倒産以降に「新東宝」を名乗る「新東宝興行株式会社」、「新東宝映画株式会社」とは別会社である。⇒ 、新東宝映画 (ja)
rdfs:label
  • 新東宝 (ja)
  • 新東宝 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Shintoho Company, Ltd. (ja)
  • 新東宝株式会社 (ja)
  • Shintoho Company, Ltd. (ja)
  • 新東宝株式会社 (ja)
is dbo:distributor of
is dbo:occupation of
is dbo:team of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:distributor of
is prop-ja:producer of
is prop-ja:studio of
is prop-ja:事務所 of
is prop-ja:制作会社 of
is prop-ja:職業 of
is prop-ja:製作会社 of
is prop-ja:運営 of
is prop-ja:配給 of
is foaf:primaryTopic of