Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 新政クラブ(しんせいクラブ)は、民政旧友会が2つに分裂して出来た日本の政党。戦前立憲民政党に所属し、戦後公職追放された政治家たちは、追放解除後に民政旧友会を結成した。民政旧友会の中には2つの潮流があり、1つは国民民主党と合同して当時の吉田自由党に対抗する保守政党を結成しようとしたグループで大麻唯男、松村謙三らが中心となっていた。もう1つは岸信介とともに保守新党を結成しようとしたグループで、三好英之、武知勇記らが代表格であった。この2つのグループ対立により民政旧友会は昭和26年(1951年)に分裂して、前者が新政クラブを結成し、昭和27年(1952年)2月8日に国民民主党や農民協同党の一部と合同し改進党を結成した。後者が新日本政治経済調査会を結成し、新日本政治経済調査会は旧民政党以外の政治家も加えて日本再建連盟となった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 116036 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 684 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55732868 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 新政クラブ(しんせいクラブ)は、民政旧友会が2つに分裂して出来た日本の政党。戦前立憲民政党に所属し、戦後公職追放された政治家たちは、追放解除後に民政旧友会を結成した。民政旧友会の中には2つの潮流があり、1つは国民民主党と合同して当時の吉田自由党に対抗する保守政党を結成しようとしたグループで大麻唯男、松村謙三らが中心となっていた。もう1つは岸信介とともに保守新党を結成しようとしたグループで、三好英之、武知勇記らが代表格であった。この2つのグループ対立により民政旧友会は昭和26年(1951年)に分裂して、前者が新政クラブを結成し、昭和27年(1952年)2月8日に国民民主党や農民協同党の一部と合同し改進党を結成した。後者が新日本政治経済調査会を結成し、新日本政治経済調査会は旧民政党以外の政治家も加えて日本再建連盟となった。
rdfs:label
  • 新政クラブ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:party of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of