Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 斜長石(しゃちょうせき、Plagioclase)はケイ酸塩鉱物の中の長石の一種であり、固溶体の一つである。(2つのへき開面を持つことから、ギリシャ語のoblique fractureに因みplagioclase feldsparと名づけられた。)ドイツの鉱物学者であるヨハン・F・C・ヘッセルが1826年に発見した。この鉱物は曹長石から灰長石までの一連の鉱物の端成分(それぞれの鉱物を組織するNaAlSi3O8やCaAl2Si2O8など)を占めており、ナトリウムやカルシウムなどの原子が結晶格子に入ることができるようになっている。斜長石はその抱合的な双晶か「レコードの溝効果」の観察で特定される。斜長石は地殻の主要な構成成分であるため、岩石学で岩石の組成を特定し、火成岩の起源と成長を調べるために使われる。斜長石はまた月の石の主成分である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 54656 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3178 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 39 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55625912 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • 斜長石の結晶の偏光顕微鏡写真。抱合的双晶の縞模様が見える。
prop-ja:category
  • 長石の一種、
prop-ja:cleavage
  • {001}と{010}
prop-ja:color
prop-ja:diaphaneity
  • 透明もしくは半透明
prop-ja:formula
  • NaAlSi3O8 – CaAl2Si2O8
prop-ja:gravity
  • 2.620000 (xsd:double)
prop-ja:habit
  • 粒状の塊
prop-ja:luster
prop-ja:mohs
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • 斜長石
prop-ja:opticalprop
  • 二軸性 曹長石, 二軸性 灰長石
prop-ja:references
prop-ja:refractive
  • 曹長石: nα 1.527, nβ 1.532 nγ 1.538
  • 灰長石: nα 1.577 nβ 1.585 nγ 1.590
prop-ja:solubility
  • 曹長石は塩酸に溶解し、灰長石は塩酸で分解される。
prop-ja:streak
prop-ja:symmetry
  • H-M記号:
  • 三斜晶系の卓面
  • 空間群: C
prop-ja:system
prop-ja:tenacity
  • もろく砕けやすい
prop-ja:twinning
  • 多く存在、曹長石の{001}に条線あり
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 斜長石(しゃちょうせき、Plagioclase)はケイ酸塩鉱物の中の長石の一種であり、固溶体の一つである。(2つのへき開面を持つことから、ギリシャ語のoblique fractureに因みplagioclase feldsparと名づけられた。)ドイツの鉱物学者であるヨハン・F・C・ヘッセルが1826年に発見した。この鉱物は曹長石から灰長石までの一連の鉱物の端成分(それぞれの鉱物を組織するNaAlSi3O8やCaAl2Si2O8など)を占めており、ナトリウムやカルシウムなどの原子が結晶格子に入ることができるようになっている。斜長石はその抱合的な双晶か「レコードの溝効果」の観察で特定される。斜長石は地殻の主要な構成成分であるため、岩石学で岩石の組成を特定し、火成岩の起源と成長を調べるために使われる。斜長石はまた月の石の主成分である。
rdfs:label
  • 斜長石
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:composition of
is foaf:primaryTopic of