Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 斜路(しゃろ)は、進行方向に、人間が認識できる程度以上の勾配を持つ道路または通路。歩行者通路の場合スロープという言い方の方が普及している。斜路は自然な坂に道路を作った場合自然に発生するが、人為的に作られる場合も有る。人為的に斜路が作られた歴史は浅く、一つには自動車を初めとする車両の発生とモダニズム建築において斜路の造形が好まれたことが挙げられる。現代、先進国では福祉的意味合いで公共施設などでは斜路が法的強制力を持って設置される場合が多い。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 507826 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1501 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 40 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58017715 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 斜路(しゃろ)は、進行方向に、人間が認識できる程度以上の勾配を持つ道路または通路。歩行者通路の場合スロープという言い方の方が普及している。斜路は自然な坂に道路を作った場合自然に発生するが、人為的に作られる場合も有る。人為的に斜路が作られた歴史は浅く、一つには自動車を初めとする車両の発生とモダニズム建築において斜路の造形が好まれたことが挙げられる。現代、先進国では福祉的意味合いで公共施設などでは斜路が法的強制力を持って設置される場合が多い。
rdfs:label
  • 斜路
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of