Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 斎藤 秀夫(さいとう ひでお、1909年(明治42年)5月4日 - 2003年(平成15年)9月6日)は、日本の法学者。宮城県出身。仙台第一中学校(現・仙台第一高等学校)、第二高等学校卒、1933年東北帝国大学法文学部卒、助手、東京帝国大学法学部に内地留学し、菊井維大、兼子一に師事した後、1937年東北帝大助教授、1949年東北大学法学部教授。1952年「国会と司法権の独立 国政調査権と裁判官弾劾」で東北大学法学博士。法学部長を務め、1973年定年退官、名誉教授、東北学院大学法学部教授、法学部長、副学長。1995年退職。1981年勲二等旭日重光章受勲。民事訴訟法が専門で、裁判実務に寄与。司法権論、裁判官論など。1962年より日本学術会議会員。宮城県地方労働委員会会長。次男は慶大名誉教授・法学者の斎藤和夫。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2927848 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1954 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 60 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52466760 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 斎藤 秀夫(さいとう ひでお、1909年(明治42年)5月4日 - 2003年(平成15年)9月6日)は、日本の法学者。宮城県出身。仙台第一中学校(現・仙台第一高等学校)、第二高等学校卒、1933年東北帝国大学法文学部卒、助手、東京帝国大学法学部に内地留学し、菊井維大、兼子一に師事した後、1937年東北帝大助教授、1949年東北大学法学部教授。1952年「国会と司法権の独立 国政調査権と裁判官弾劾」で東北大学法学博士。法学部長を務め、1973年定年退官、名誉教授、東北学院大学法学部教授、法学部長、副学長。1995年退職。1981年勲二等旭日重光章受勲。民事訴訟法が専門で、裁判実務に寄与。司法権論、裁判官論など。1962年より日本学術会議会員。宮城県地方労働委員会会長。次男は慶大名誉教授・法学者の斎藤和夫。
rdfs:label
  • 斎藤秀夫
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of