Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 斉子内親王(せいし(ただこ/きよこ)ないしんのう、延喜21年(921年) - 承平6年5月11日(936年6月2日))は、平安時代中期の皇族。済子とも表記する。醍醐天皇皇女。母は女御源和子。同母兄弟に常明親王・式明親王・有明親王・慶子内親王・韶子内親王がいる。朱雀天皇朝の伊勢斎宮(但し、伊勢への群行はない)。承平6年(936年)3月の異母姉雅子内親王の退下により、16歳で斎宮に卜定されるが、同年5月11日に薨去。恐らく初斎院入りもなかったと見られる。これにより、姪の徽子女王(後の斎宮女御)が9月に後任として卜定された。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1830558 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 634 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 34 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58680219 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 斉子内親王(せいし(ただこ/きよこ)ないしんのう、延喜21年(921年) - 承平6年5月11日(936年6月2日))は、平安時代中期の皇族。済子とも表記する。醍醐天皇皇女。母は女御源和子。同母兄弟に常明親王・式明親王・有明親王・慶子内親王・韶子内親王がいる。朱雀天皇朝の伊勢斎宮(但し、伊勢への群行はない)。承平6年(936年)3月の異母姉雅子内親王の退下により、16歳で斎宮に卜定されるが、同年5月11日に薨去。恐らく初斎院入りもなかったと見られる。これにより、姪の徽子女王(後の斎宮女御)が9月に後任として卜定された。
rdfs:label
  • 斉子内親王 (醍醐天皇皇女)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:兄弟 of
is foaf:primaryTopic of