Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 文覚(もんがく、保延5年(1139年) - 建仁3年7月21日(1203年8月29日))は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武士・真言宗の僧。父は左近将監茂遠(もちとお)。俗名は遠藤盛遠(えんどうもりとお)。文学、あるいは文覚上人、文覚聖人、高雄の聖とも呼ばれる。弟子に上覚、孫弟子に明恵らがいる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 358894 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3955 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 115 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55693705 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名前
  • 文覚
prop-ja:宗派
prop-ja:寺院
prop-ja:弟子
prop-ja:生没年
  • --07-21
  • 生年:保延5年(1139年)
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:説明文
  • 文覚上人画像 神護寺蔵 東京国立博物館寄託
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 文覚(もんがく、保延5年(1139年) - 建仁3年7月21日(1203年8月29日))は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武士・真言宗の僧。父は左近将監茂遠(もちとお)。俗名は遠藤盛遠(えんどうもりとお)。文学、あるいは文覚上人、文覚聖人、高雄の聖とも呼ばれる。弟子に上覚、孫弟子に明恵らがいる。
rdfs:label
  • 文覚
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:開山 of
is foaf:primaryTopic of