Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『文藝』(ぶんげい)は、日本の文芸雑誌。1933年に改造社により創刊されたが、その後1944年から河出書房が引き継ぐ形で刊行を開始、1957年に河出書房新社となった際に休刊したが、1962年に復刊し現在に至っている。当初は月刊誌だったが、1980年代なかばからは季刊誌となった。復刊以降から公募の文藝賞を主宰し、若手の書き手を発掘している。田中康夫『なんとなく、クリスタル』、堀田あけみ『1980アイコ十六歳』、綿矢りさ『インストール』、三並夏『平成マシンガンズ』などが受賞作である。この『文藝』と、『新潮』(新潮社発行)、『文學界』(文藝春秋発行)、『群像』(講談社発行)、『すばる』(集英社発行)は「五大文芸誌」と呼ばれ、これらに掲載された短編・中編が芥川賞の候補になることが多い。編集長経験者には上林暁、野田宇太郎、杉森久英、巌谷大四、坂本一亀、寺田博、佐佐木幸綱がいる。1999年から『文藝別冊』としての「総特集」シリーズがKAWADE夢ムックで刊行されている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 678336 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2313 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 92 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55852804 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『文藝』(ぶんげい)は、日本の文芸雑誌。1933年に改造社により創刊されたが、その後1944年から河出書房が引き継ぐ形で刊行を開始、1957年に河出書房新社となった際に休刊したが、1962年に復刊し現在に至っている。当初は月刊誌だったが、1980年代なかばからは季刊誌となった。復刊以降から公募の文藝賞を主宰し、若手の書き手を発掘している。田中康夫『なんとなく、クリスタル』、堀田あけみ『1980アイコ十六歳』、綿矢りさ『インストール』、三並夏『平成マシンガンズ』などが受賞作である。この『文藝』と、『新潮』(新潮社発行)、『文學界』(文藝春秋発行)、『群像』(講談社発行)、『すばる』(集英社発行)は「五大文芸誌」と呼ばれ、これらに掲載された短編・中編が芥川賞の候補になることが多い。編集長経験者には上林暁、野田宇太郎、杉森久英、巌谷大四、坂本一亀、寺田博、佐佐木幸綱がいる。1999年から『文藝別冊』としての「総特集」シリーズがKAWADE夢ムックで刊行されている。
rdfs:label
  • 文藝
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:publisher of
is prop-ja:ジャンル of
is foaf:primaryTopic of