Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『文化防衛論』(ぶんかぼうえいろん)は、三島由紀夫の評論。昭和元禄と呼ばれた昭和40年代前半、学生運動がピークに達した時代に発表され、各界の論義を呼んだ三島由紀夫の論理と行動の書。高度経済成長が実現し、世間では3C(クーラー・カー・カラーテレビ)の耐久消費財が新・三種の神器として喧伝され、戦後文化が爛熟していた時期に、あえて「天皇」を打ち出した三島の代表的評論である。日本の伝統文化の危機に、「菊と刀」のまるごとの容認の必要性を説きつつ、その円環の中心となる「文化概念としての天皇」の意義を論じている。1968年(昭和43年)、雑誌『中央公論』7月号に掲載され、初版単行本は翌年1969年(昭和44年)4月25日に新潮社より刊行された。同書には他の評論や講演も収録されている。
dbpedia-owl:author
dbpedia-owl:country
dbpedia-owl:literaryGenre
dbpedia-owl:mediaType
dbpedia-owl:numberOfPages
  • 268 (xsd:integer)
dbpedia-owl:publisher
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2592166 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 11000 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 286 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58167035 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:author
prop-ja:genre
prop-ja:language
  • 日本語
prop-ja:pages
  • 268 (xsd:integer)
prop-ja:portal
  • 文学
  • 書物
prop-ja:published
  • --04-25
prop-ja:publisher
prop-ja:title
  • 文化防衛論
prop-ja:type
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『文化防衛論』(ぶんかぼうえいろん)は、三島由紀夫の評論。昭和元禄と呼ばれた昭和40年代前半、学生運動がピークに達した時代に発表され、各界の論義を呼んだ三島由紀夫の論理と行動の書。高度経済成長が実現し、世間では3C(クーラー・カー・カラーテレビ)の耐久消費財が新・三種の神器として喧伝され、戦後文化が爛熟していた時期に、あえて「天皇」を打ち出した三島の代表的評論である。日本の伝統文化の危機に、「菊と刀」のまるごとの容認の必要性を説きつつ、その円環の中心となる「文化概念としての天皇」の意義を論じている。1968年(昭和43年)、雑誌『中央公論』7月号に掲載され、初版単行本は翌年1969年(昭和44年)4月25日に新潮社より刊行された。同書には他の評論や講演も収録されている。
rdfs:label
  • 文化防衛論
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 文化防衛論
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of