Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 敷石住居(しきいしじゅうきょ)は、床面の一部ないし全面に平らな石を敷いた縄文時代中期末~後期はじめの住居。関東・中部地方を中心に東北南部から北陸北部・東海東部にかけて分布している。円形平面に出入り口とされる長方形突出部の付いたいわゆる柄鏡形になるものが多い。竪穴壁面沿いまたは竪穴外に柱穴があり、円筒形の側壁の上に屋根をかけた形になると思われる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3032752 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1300 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 43 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59038136 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2016-03-21 (xsd:date)
prop-ja:title
  • 『日本考古学事典』には東京堂出版のものと三省堂のものがあり、特定できない。
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 敷石住居(しきいしじゅうきょ)は、床面の一部ないし全面に平らな石を敷いた縄文時代中期末~後期はじめの住居。関東・中部地方を中心に東北南部から北陸北部・東海東部にかけて分布している。円形平面に出入り口とされる長方形突出部の付いたいわゆる柄鏡形になるものが多い。竪穴壁面沿いまたは竪穴外に柱穴があり、円筒形の側壁の上に屋根をかけた形になると思われる。
rdfs:label
  • 敷石住居
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of