Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 「敵は本能寺にあり」(てきはほんのうじにあり)は、江戸時代中期以後に書かれた軍記物『明智軍記』の中にある記述で、武将明智光秀が本能寺の変の際に発したとされる台詞。主君の織田信長より備中の毛利を攻めるように命じられていた光秀の軍勢は、討つべき敵は本能寺にいる信長であるとして、そのまま進路を東にとって京都の本能寺に向かった。後世に創作された言葉であると考えられているが、多くの小説の文中に使われており、この言葉をタイトルにした映画やドラマも作られた。当項目はその創作作品を紹介する。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1254496 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2968 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 164 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58017949 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 「敵は本能寺にあり」(てきはほんのうじにあり)は、江戸時代中期以後に書かれた軍記物『明智軍記』の中にある記述で、武将明智光秀が本能寺の変の際に発したとされる台詞。主君の織田信長より備中の毛利を攻めるように命じられていた光秀の軍勢は、討つべき敵は本能寺にいる信長であるとして、そのまま進路を東にとって京都の本能寺に向かった。後世に創作された言葉であると考えられているが、多くの小説の文中に使われており、この言葉をタイトルにした映画やドラマも作られた。当項目はその創作作品を紹介する。
rdfs:label
  • 敵は本能寺にあり
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of