Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 敵(てき、かたき)とは、自分に危害を加えようとしている相手、自分の利益の達成を阻害している相手、戦場における交戦相手、ゲームや競技における競争相手(ライバル)を指す。いっぽうの利益がいっぽうの損失になり、攻撃行動を惹起する。また、自分の好みや考えと合わない人物や組織を指すこともある。対義語は味方、仲間。また、広く社会的関係、人間関係における競争相手についても敵(かたき)を用いるが、恋敵(こいがたき)、商売敵(しょうばいがたき)のように、「-がたき」と変形して複合語になることが多い。また、このような複合語は、好敵手(こうてきしゅ)に用いられる「敵」と同じく、単なる利益相反の相手、攻撃対象の相手とは限らず、切磋琢磨してゆく関係を指す場合にも用いられる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 553495 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 696 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 19 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56752365 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 敵(てき、かたき)とは、自分に危害を加えようとしている相手、自分の利益の達成を阻害している相手、戦場における交戦相手、ゲームや競技における競争相手(ライバル)を指す。いっぽうの利益がいっぽうの損失になり、攻撃行動を惹起する。また、自分の好みや考えと合わない人物や組織を指すこともある。対義語は味方、仲間。また、広く社会的関係、人間関係における競争相手についても敵(かたき)を用いるが、恋敵(こいがたき)、商売敵(しょうばいがたき)のように、「-がたき」と変形して複合語になることが多い。また、このような複合語は、好敵手(こうてきしゅ)に用いられる「敵」と同じく、単なる利益相反の相手、攻撃対象の相手とは限らず、切磋琢磨してゆく関係を指す場合にも用いられる。
rdfs:label
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of