Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『数学ガール』(すうがくガール)は、結城浩による、数学を題材にした小説である。 2007年に第1作『数学ガール』が刊行され、 2008年に第2作『数学ガール・フェルマーの最終定理』、 2009年に第3作『数学ガール・ゲーデルの不完全性定理』、 2011年に第4作『数学ガール・乱択アルゴリズム』、 2012年に第5作『数学ガール・ガロア理論』が刊行された。2010年12月時点でシリーズ累計10万部。2014年3月には日本数学会より日本数学会賞出版賞が贈られた。以下、本項では特に明記しない限り第1作を『数学ガール』、第2作を『フェルマーの最終定理』、第3作を『ゲーデルの不完全性定理』、第4作を『乱択アルゴリズム』、第5作を『ガロア理論』と記述する。これらの副題と同名の数学の定理を表記する場合は、鍵括弧なしで記述する。
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1814351 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 17740 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 288 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58873690 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ウィキプロジェクト
prop-ja:ウィキポータル
prop-ja:ジャンル
prop-ja:タイトル
  • 数学ガール
  • 数学ガール ゲーデルの不完全性定理
  • 数学ガール フェルマーの最終定理
prop-ja:他出版社
  • 青文出版社
  • Bento Books
prop-ja:作者
prop-ja:出版社
prop-ja:巻数
  • 全2巻
  • 全3巻
  • 既刊5巻
prop-ja:掲載誌
prop-ja:終了号
  • 2009 (xsd:integer)
  • 2013 (xsd:integer)
  • --02-01
prop-ja:終了日
  • --04-05
  • --10-27
prop-ja:著者
prop-ja:話数
  • 全22話
  • 全11話(第0話含む)
prop-ja:開始
  • 2007 (xsd:integer)
prop-ja:開始号
  • 2008 (xsd:integer)
  • 2010 (xsd:integer)
  • --01-01
prop-ja:開始日
  • --09-04
  • --09-27
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『数学ガール』(すうがくガール)は、結城浩による、数学を題材にした小説である。 2007年に第1作『数学ガール』が刊行され、 2008年に第2作『数学ガール・フェルマーの最終定理』、 2009年に第3作『数学ガール・ゲーデルの不完全性定理』、 2011年に第4作『数学ガール・乱択アルゴリズム』、 2012年に第5作『数学ガール・ガロア理論』が刊行された。2010年12月時点でシリーズ累計10万部。2014年3月には日本数学会より日本数学会賞出版賞が贈られた。以下、本項では特に明記しない限り第1作を『数学ガール』、第2作を『フェルマーの最終定理』、第3作を『ゲーデルの不完全性定理』、第4作を『乱択アルゴリズム』、第5作を『ガロア理論』と記述する。これらの副題と同名の数学の定理を表記する場合は、鍵括弧なしで記述する。
rdfs:label
  • 数学ガール
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 数学ガール
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of