Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 教育コーチング(きょういくコーチング)とは、教育分野で用いられるコーチングの意。学術としての理論や学説があるわけではなく、通常はコーチング・セミナーとして提供されるものである。コーチングの本来的な対象は児童・生徒だが、実際には教育に関係する受講者に対象を絞った自己啓発セミナーの一種として、「パパ・ママコーチング」「子育てコーチング」「チャイルド・コーチング」など様々な名称で提供されている。「スクール・コーチング」「学校コーチング」と言った場合でも、児童・生徒ではなく、学校の教師を受講対象としたコーチング・セミナーという意味で用いられている。また、「育児コーチング」「キッズ・コーチング」と言った場合は、乳幼児の育児に取り組む親を対象に、育児の手法や親が陥りやすい悩みの解決策などを伝授することが目的となっており、実際にはコーチングとはほとんど関係はない。コーチングは典型的なバズワード(曖昧語)で、前後につく単語がコーチングの意味内容を限定すると同時に曖昧化させることも多いので注意を要する。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1928306 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 925 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 31 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56734608 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 教育コーチング(きょういくコーチング)とは、教育分野で用いられるコーチングの意。学術としての理論や学説があるわけではなく、通常はコーチング・セミナーとして提供されるものである。コーチングの本来的な対象は児童・生徒だが、実際には教育に関係する受講者に対象を絞った自己啓発セミナーの一種として、「パパ・ママコーチング」「子育てコーチング」「チャイルド・コーチング」など様々な名称で提供されている。「スクール・コーチング」「学校コーチング」と言った場合でも、児童・生徒ではなく、学校の教師を受講対象としたコーチング・セミナーという意味で用いられている。また、「育児コーチング」「キッズ・コーチング」と言った場合は、乳幼児の育児に取り組む親を対象に、育児の手法や親が陥りやすい悩みの解決策などを伝授することが目的となっており、実際にはコーチングとはほとんど関係はない。コーチングは典型的なバズワード(曖昧語)で、前後につく単語がコーチングの意味内容を限定すると同時に曖昧化させることも多いので注意を要する。
rdfs:label
  • 教育コーチング
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of