Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『教皇の書』(ラテン語: Liber Pontificalis) は聖ペテロから15世紀までの教皇についての伝記である。 初めて作成された『教皇の書』は ハドリアヌス2世 (867–872) または ステファヌス6世 (885–891) の記述でとどまっていたが、後に別の文体で補完され、エウゲニウス4世 (1431–1447) その後、ピウス2世 (1458–1464) までの記述が追加された。8世紀から18世紀までの記述は実質的にはほとんど無批判に引用されてきたが、『教皇の書』は「非公式の教皇プロパガンダの手段」であったとして現代の学者たちによる厳しい精査を受けている。Liber Pontificalisという題名が一般的になったのは15世紀になってからであり、19世紀のデュシェンヌによる編集の後に公式に認められる題名となった。しかしその名の起源は12世紀にまでさかのぼる。現存する最古の文書では、この本はLiber episcopalis in quo continentur acta beatorum pontificum Urbis Romae、そして後には、 GestaまたはChronica pontificumと呼ばれている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3204847 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 11138 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 79 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59021186 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:alsoKnownAs
  • Liber episcopalis in quo continentur acta beatorum pontificum Urbis Romae; Gesta pontificum; Chronica pontificum
prop-ja:alternativeTitle(s)_
  • 教皇の書
prop-ja:ascribedTo
  • 聖ヒエロニムスがダマスス1世に宛てた手紙
prop-ja:author(s)_
  • 大部分は匿名だが、オパヴァのマルティンも著者に含まれている
prop-ja:caption
  • 9 (xsd:integer)
prop-ja:date
  • 司教の一覧として3世紀から始まり、様々な期間の伝記として6世紀から9世紀の間とおよそ1100年から15世紀までの間
prop-ja:firstPrintedEdition
  • J. Busæus, Anastasii bibliothecarii Vitæ seu Gesta. Romanorum Pontificum .
prop-ja:genre
  • 教皇の伝記
prop-ja:language
  • ラテン語
prop-ja:name
  • Liber Pontificalis
prop-ja:periodCovered
  • ペトロ から15世紀まで
prop-ja:width
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『教皇の書』(ラテン語: Liber Pontificalis) は聖ペテロから15世紀までの教皇についての伝記である。 初めて作成された『教皇の書』は ハドリアヌス2世 (867–872) または ステファヌス6世 (885–891) の記述でとどまっていたが、後に別の文体で補完され、エウゲニウス4世 (1431–1447) その後、ピウス2世 (1458–1464) までの記述が追加された。8世紀から18世紀までの記述は実質的にはほとんど無批判に引用されてきたが、『教皇の書』は「非公式の教皇プロパガンダの手段」であったとして現代の学者たちによる厳しい精査を受けている。Liber Pontificalisという題名が一般的になったのは15世紀になってからであり、19世紀のデュシェンヌによる編集の後に公式に認められる題名となった。しかしその名の起源は12世紀にまでさかのぼる。現存する最古の文書では、この本はLiber episcopalis in quo continentur acta beatorum pontificum Urbis Romae、そして後には、 GestaまたはChronica pontificumと呼ばれている。
rdfs:label
  • 教皇の書
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of