Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 教会(きょうかい) 宗教集団。教団。包括団体。法的には教部省が1873年(明治6年)に公布した「教会大意」(宗教組織の設立規則。廃止)により規定された呼称。「○○教会」として伝統宗教、新宗教に限らず団体名にも用いられている。 宗教集団。(法人としての)神社・寺院に類する個々の単位団体。被包括団体。法的には昭和15年の「宗教団体法」(廃止)に規定された呼称(宗教団体法以前は「教会所」と呼称。)。どの宗教に対しても用いられうる用語である。 教会 (2) が所有する宗教施設。教会(きょうかい)とは、共通の信仰によって形成される集団・団体や社会のことである。現在ではキリスト教のそれを意味することが多いが、どの宗教に対しても用いられている言葉である。なお、キリスト教の中でも会衆派系の団体においては「会衆」、ブラザレン派においては「集会」という呼び方をする場合がある。または宗教活動の拠点となる建物・施設がこの名で呼ばれることもあるが、「聖堂」や「礼拝堂」、あるいは「神殿」などと呼ぶほうが適切な場合もある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 25033 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1303 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 36 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58502577 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 教会(きょうかい) 宗教集団。教団。包括団体。法的には教部省が1873年(明治6年)に公布した「教会大意」(宗教組織の設立規則。廃止)により規定された呼称。「○○教会」として伝統宗教、新宗教に限らず団体名にも用いられている。 宗教集団。(法人としての)神社・寺院に類する個々の単位団体。被包括団体。法的には昭和15年の「宗教団体法」(廃止)に規定された呼称(宗教団体法以前は「教会所」と呼称。)。どの宗教に対しても用いられうる用語である。 教会 (2) が所有する宗教施設。教会(きょうかい)とは、共通の信仰によって形成される集団・団体や社会のことである。現在ではキリスト教のそれを意味することが多いが、どの宗教に対しても用いられている言葉である。なお、キリスト教の中でも会衆派系の団体においては「会衆」、ブラザレン派においては「集会」という呼び方をする場合がある。または宗教活動の拠点となる建物・施設がこの名で呼ばれることもあるが、「聖堂」や「礼拝堂」、あるいは「神殿」などと呼ぶほうが適切な場合もある。
rdfs:label
  • 教会
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:architectureType of
is prop-ja:imageCaption of
is prop-ja:旧用途 of
is prop-ja:画像の解説 of
is foaf:primaryTopic of