Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 救命救急センター(きゅうめいきゅうきゅうセンター)とは、急性心筋梗塞、脳卒中、頭部外傷など、二次救急で対応できない複数診療科領域の重篤な患者に対し高度な医療技術を提供する三次救急医療機関である。人口100万人あたり最低一か所、それ以下の県では各県一か所設置されている。2014年2月1日現在、全国266か所。救命救急センターは、都道府県が運営、もしくは医療機関の開設者に要請をして設置するものであり、心筋梗塞や脳卒中、頭部損傷等、重篤な患者に対する救急医療を行うことが予定されている。このため、常時高度な救命医療に対応できる医師や看護師等の医療従事者を確保しておくことが必要とされている。うち、特に高度な診療機能を提供するものを高度救命救急センター、小規模で既存のセンターを補完するものを新型救命救急センターまたは地域救命救急センターと呼ぶ。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 974306 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7794 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 324 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59197639 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 救命救急センター(きゅうめいきゅうきゅうセンター)とは、急性心筋梗塞、脳卒中、頭部外傷など、二次救急で対応できない複数診療科領域の重篤な患者に対し高度な医療技術を提供する三次救急医療機関である。人口100万人あたり最低一か所、それ以下の県では各県一か所設置されている。2014年2月1日現在、全国266か所。救命救急センターは、都道府県が運営、もしくは医療機関の開設者に要請をして設置するものであり、心筋梗塞や脳卒中、頭部損傷等、重篤な患者に対する救急医療を行うことが予定されている。このため、常時高度な救命医療に対応できる医師や看護師等の医療従事者を確保しておくことが必要とされている。うち、特に高度な診療機能を提供するものを高度救命救急センター、小規模で既存のセンターを補完するものを新型救命救急センターまたは地域救命救急センターと呼ぶ。
rdfs:label
  • 救命救急センター
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of