Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『救いを求める女たち』(希: Ἱκέτιδες, Hiketides, ヒケティデス、羅: Supplices)は、アイスキュロスによるギリシア悲劇。『嘆願する女たち』等とも。神話にあるダナオスとその50人の娘の伝説を扱った作品である。続く2作『エジプト人』(アイギュプティオイ)『ダナオスの娘たち』(ダナイデス)を加えた三部作(ダナイデス三部作)に、サテュロス劇『アミューモーネー』を加えた計四作で構成されていたが、今日では本作以外は散逸している。正確な上演年は不明であるが、この作品と同時上演された『ダナオスの娘たち』によってソポクレスを破ったとの記録があるので、古くともソポクレスが登場した紀元前468年以後の後期作品であると推測される。中でも紀元前463年が有力と考えられる。作中に占める合唱隊の役割が他の作品に比べて大きく、アリストテレスによって悲劇の起源とされるディテュランボスの影響を未だ濃く残している作品だと言える。このため、かつては上記の年代よりもさらに古くに書かれたものだと考えられていた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2451184 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1783 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 22 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59028156 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『救いを求める女たち』(希: Ἱκέτιδες, Hiketides, ヒケティデス、羅: Supplices)は、アイスキュロスによるギリシア悲劇。『嘆願する女たち』等とも。神話にあるダナオスとその50人の娘の伝説を扱った作品である。続く2作『エジプト人』(アイギュプティオイ)『ダナオスの娘たち』(ダナイデス)を加えた三部作(ダナイデス三部作)に、サテュロス劇『アミューモーネー』を加えた計四作で構成されていたが、今日では本作以外は散逸している。正確な上演年は不明であるが、この作品と同時上演された『ダナオスの娘たち』によってソポクレスを破ったとの記録があるので、古くともソポクレスが登場した紀元前468年以後の後期作品であると推測される。中でも紀元前463年が有力と考えられる。作中に占める合唱隊の役割が他の作品に比べて大きく、アリストテレスによって悲劇の起源とされるディテュランボスの影響を未だ濃く残している作品だと言える。このため、かつては上記の年代よりもさらに古くに書かれたものだと考えられていた。
rdfs:label
  • 救いを求める女たち (アイスキュロス)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of