Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『放課後』(ほうかご)は、東野圭吾による日本の長編推理小説、またそれを原作としたテレビドラマ。1985年に単行本が刊行され、1988年に文庫版が発売された。名門女子高を舞台に、女子高に勤務する教師・前島が女子高で起きた事件の真相に近づく様を描いた青春推理小説。第31回江戸川乱歩賞を受賞した東野圭吾の作家デビュー作であり、作品が発表された30年後の2015年、マイナビ会員を対象にした“好きな江戸川乱歩賞作品”を選ぶアンケートでも人気1位を獲得するなど根強い人気のある作品でもある。作中では著者が大学時代に部のキャプテンをしていたアーチェリーが取り上げられている。タイトルは著者が金沢を旅行した時、駅の近くにあった喫茶店の名前からとられた。1986年には『木曜ドラマストリート』枠で山下真司主演でテレビドラマ化されている。霜月かよ子作画で漫画化され、講談社の『別冊フレンド増刊』2010年1月号・3月号に前後編で掲載された。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1761514 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2802 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 54 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54157327 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『放課後』(ほうかご)は、東野圭吾による日本の長編推理小説、またそれを原作としたテレビドラマ。1985年に単行本が刊行され、1988年に文庫版が発売された。名門女子高を舞台に、女子高に勤務する教師・前島が女子高で起きた事件の真相に近づく様を描いた青春推理小説。第31回江戸川乱歩賞を受賞した東野圭吾の作家デビュー作であり、作品が発表された30年後の2015年、マイナビ会員を対象にした“好きな江戸川乱歩賞作品”を選ぶアンケートでも人気1位を獲得するなど根強い人気のある作品でもある。作中では著者が大学時代に部のキャプテンをしていたアーチェリーが取り上げられている。タイトルは著者が金沢を旅行した時、駅の近くにあった喫茶店の名前からとられた。1986年には『木曜ドラマストリート』枠で山下真司主演でテレビドラマ化されている。霜月かよ子作画で漫画化され、講談社の『別冊フレンド増刊』2010年1月号・3月号に前後編で掲載された。
rdfs:label
  • 放課後 (小説)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:debutWorks of
is foaf:primaryTopic of