Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 放線菌(ほうせんきん、羅・英: Actinomycetes)は一般に、グラム陽性の真正細菌のうち、細胞が菌糸を形成して細長く増殖する形態的特徴を示すものを指していた。元来、菌糸が放射状に伸びるためこの名があるが、現在の放線菌の定義は16S rRNA遺伝子の塩基配列による分子系統学に基づいているため、桿菌や球菌も放線菌に含められるようになり、もはやこのグループを菌糸形成という形態で特徴づけることは困難である。学名のActinobacteria(放線菌門)は、ギリシア語で光線、放射を意味するακτίς(アクティース)とバクテリアを合成したもの。また、放線菌類を意味するActinomycetesは、ακτίςに、菌類を意味する接尾語-mycetes(ミュケーテース、語源はギリシア語で菌を意味するμύκες(ミュケース))を合わせたものである。Streptomyces属など典型的な放線菌では空気中に気菌糸を伸ばし胞子を形成するので、肉眼的には糸状菌のように見える。多くは絶対好気性で土壌中に棲息するが、土壌以外にも様々な自然環境や動植物の病原菌としても棲息している。また病原放線菌として知られるActinomyces属とその関連菌群などのように嫌気性を示す放線菌も一部存在する。放線菌のDNAはそのGC含量が高く(多くは70%前後)、それがこの菌群の大きな特徴である。 分類学的には下記に示す多くの属が放線菌綱に分類されるが、マイクロコッカス亜目(Suborder Micrococcineae)の各属のように菌糸形態を示さないものは便宜的に放線菌として扱われないこともある。
dbpedia-owl:colourName
  • lightgrey
dbpedia-owl:domain
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 138371 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 15250 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 124 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59032983 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ドメイン
  • 真正細菌 Bacteria
prop-ja:下位分類
  • * アシディミクロビウム綱 * コリオバクテリウム綱 * ニトリリルプトル綱 * ルブロバクター綱 * サーモレオフィラム綱 * アクチノバクテリア綱
prop-ja:下位分類名
  • 下位分類(綱)
prop-ja:名称
  • 放線菌
prop-ja:学名
  • Actinobacteria (Stackebrandt et al. 1997)
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像キャプション
  • Bifidobacterium adolescentis
prop-ja:
  • lightgrey
prop-ja:
  • 放線菌門 Actinobacteria
dc:description
  • Bifidobacterium adolescentis
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 放線菌(ほうせんきん、羅・英: Actinomycetes)は一般に、グラム陽性の真正細菌のうち、細胞が菌糸を形成して細長く増殖する形態的特徴を示すものを指していた。元来、菌糸が放射状に伸びるためこの名があるが、現在の放線菌の定義は16S rRNA遺伝子の塩基配列による分子系統学に基づいているため、桿菌や球菌も放線菌に含められるようになり、もはやこのグループを菌糸形成という形態で特徴づけることは困難である。学名のActinobacteria(放線菌門)は、ギリシア語で光線、放射を意味するακτίς(アクティース)とバクテリアを合成したもの。また、放線菌類を意味するActinomycetesは、ακτίςに、菌類を意味する接尾語-mycetes(ミュケーテース、語源はギリシア語で菌を意味するμύκες(ミュケース))を合わせたものである。Streptomyces属など典型的な放線菌では空気中に気菌糸を伸ばし胞子を形成するので、肉眼的には糸状菌のように見える。多くは絶対好気性で土壌中に棲息するが、土壌以外にも様々な自然環境や動植物の病原菌としても棲息している。また病原放線菌として知られるActinomyces属とその関連菌群などのように嫌気性を示す放線菌も一部存在する。放線菌のDNAはそのGC含量が高く(多くは70%前後)、それがこの菌群の大きな特徴である。 分類学的には下記に示す多くの属が放線菌綱に分類されるが、マイクロコッカス亜目(Suborder Micrococcineae)の各属のように菌糸形態を示さないものは便宜的に放線菌として扱われないこともある。
rdfs:label
  • 放線菌
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 放線菌
is dbpedia-owl:class of
is dbpedia-owl:division of
is dbpedia-owl:knownFor of
is dbpedia-owl:phylum of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:knownFor of
is prop-ja:亜綱 of
is prop-ja: of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of