Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 改暦(かいれき)改良を目的として、使用している暦法を、改正ないし更新し、新しい暦法に改めること(例:1873年の日本における太陰太陽暦の天保暦から太陽暦のグレゴリオ暦への「明治改暦」)。また、現在世界で広く使われているグレゴリオ暦であるが、19世紀末から20世紀初頭を中心に改良案が提案され、現在も検討しているグループなどがある。これについても説明する。日本の歴史上、宣明暦の時代に、吉凶や日数・誤差調整などを理由として月の大小や閏月を人為的に操作したことがあり、その操作のこと。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1400348 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13341 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 288 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58734704 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --01-01
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 改暦(かいれき)改良を目的として、使用している暦法を、改正ないし更新し、新しい暦法に改めること(例:1873年の日本における太陰太陽暦の天保暦から太陽暦のグレゴリオ暦への「明治改暦」)。また、現在世界で広く使われているグレゴリオ暦であるが、19世紀末から20世紀初頭を中心に改良案が提案され、現在も検討しているグループなどがある。これについても説明する。日本の歴史上、宣明暦の時代に、吉凶や日数・誤差調整などを理由として月の大小や閏月を人為的に操作したことがあり、その操作のこと。
rdfs:label
  • 改暦
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of