Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 科学における改ざん(かいざん、英: Falsification)とは、研究活動において、データ、研究方法・材料、研究過程、研究結果、文献等を意図的に改変し、学術出版、論文、書籍、申請書、履歴書、レポート(調査や研究等の報告書)などで発表・申請・提出する、あるいは口頭で発表する行為である。研究公正・研究倫理に違反するので、禁止されている。教育の場でも、学校・大学・大学院に提出するレポート(調査や研究等の報告書、小論文、卒業論文、修士論文、博士論文で、徐々に、学業不正とみなされるようになってきた。研究における改ざん行為は、一般的には、法律に抵触しないので犯罪ではない。しかし、重大な改ざんは、詐欺罪などの犯罪に該当することがある。日本を含め、ほとんどの先進国では、学術界の不正行為を捏造、改ざん、盗用の3つと定義していて、改ざんは科学における不正行為とみなされる。分野は理系に限定されず、心理学、法学、文学などを含め、すべての分野を対象に、大学教員、研究者、大学院生に禁じている。米国の高等教育界では、改ざん行為を重大な学業不正の1つとみなし、大学院生、学部生に禁じている。重大な改ざんをすれば、ほぼ退学処分になる。学位論文審査で発覚すれば、改ざんの質と量に応じ、警告レベルから、学位の不授与や退学処分まである。一方、日本の高等教育界では、学則で禁止していた大学は少なかったが、最近、学則で禁止するようになり、「けん責」、「停学」、「退学」処分と記述するようになった。重大な改ざんが発覚すれば、授与された学位は取り消される。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3067351 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6800 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 81 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58912882 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:about
  • yes
prop-ja:by
  • no
prop-ja:label
  • Falsification
prop-ja:onlinebooks
  • no
prop-ja:others
  • no
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 科学における改ざん(かいざん、英: Falsification)とは、研究活動において、データ、研究方法・材料、研究過程、研究結果、文献等を意図的に改変し、学術出版、論文、書籍、申請書、履歴書、レポート(調査や研究等の報告書)などで発表・申請・提出する、あるいは口頭で発表する行為である。研究公正・研究倫理に違反するので、禁止されている。教育の場でも、学校・大学・大学院に提出するレポート(調査や研究等の報告書、小論文、卒業論文、修士論文、博士論文で、徐々に、学業不正とみなされるようになってきた。研究における改ざん行為は、一般的には、法律に抵触しないので犯罪ではない。しかし、重大な改ざんは、詐欺罪などの犯罪に該当することがある。日本を含め、ほとんどの先進国では、学術界の不正行為を捏造、改ざん、盗用の3つと定義していて、改ざんは科学における不正行為とみなされる。分野は理系に限定されず、心理学、法学、文学などを含め、すべての分野を対象に、大学教員、研究者、大学院生に禁じている。米国の高等教育界では、改ざん行為を重大な学業不正の1つとみなし、大学院生、学部生に禁じている。重大な改ざんをすれば、ほぼ退学処分になる。学位論文審査で発覚すれば、改ざんの質と量に応じ、警告レベルから、学位の不授与や退学処分まである。一方、日本の高等教育界では、学則で禁止していた大学は少なかったが、最近、学則で禁止するようになり、「けん責」、「停学」、「退学」処分と記述するようになった。重大な改ざんが発覚すれば、授与された学位は取り消される。
rdfs:label
  • 改ざん (科学)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of