Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 攪拌精錬法(かくはんせいれんほう)とは、産業革命時に錬鉄をつくるために使用された。攪拌精錬の原型は溶融した鉄を反射炉中で棒(プロセスで消耗した)で攪拌する技術である。後に良質の鋼を得るために炭素を除くために使用され、これは高度の技術を要した。炭素分の多い鋼と少ない鋼が小規模ではあるが生産され、刃物や武器の製造に使用された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1581992 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1562 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 14 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53985115 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 攪拌精錬法(かくはんせいれんほう)とは、産業革命時に錬鉄をつくるために使用された。攪拌精錬の原型は溶融した鉄を反射炉中で棒(プロセスで消耗した)で攪拌する技術である。後に良質の鋼を得るために炭素を除くために使用され、これは高度の技術を要した。炭素分の多い鋼と少ない鋼が小規模ではあるが生産され、刃物や武器の製造に使用された。
rdfs:label
  • 攪拌精錬法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of