Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 擬似乱数(ぎじらんすう、pseudorandom numbers)は、乱数列のように見えるが、実際には確定的な計算によって求めている擬似乱数列による乱数。擬似乱数列を生成する機器を擬似乱数列生成器、生成アルゴリズムを擬似乱数列生成法と呼ぶ。真の乱数列は本来規則性も再現性も無いものであり、その定義から、確定的な計算によって求めることはできない(例:サイコロを振る時、今までに出た目から次に出る目を予測するのは不可能)。一方、擬似乱数列は確定的な計算によって作るので、その数列は確定的である。また、生成法と内部状態が既知であれば、予測可能でもある。ある擬似乱数列を、真の乱数列とみなして良いかを確実に決定することはできない。一般に、さまざまな主として統計的な性質が、真の乱数列のそれと同じ(見分けがつかない)かどうかで、その乱数列の使用目的に適しているか否かを判断する。これを検定と言い、各種の検定法が提案されている。ただし、特に暗号に関する擬似乱数列については、他の用途とは異なる注意が必要である。一般に、一般のシミュレーション等には十分な性能を持った擬似乱数列生成法であっても、暗号の応用には不適であり、そのまま使用してはならない。暗号で使用する擬似乱数列については暗号論的擬似乱数の節および暗号論的擬似乱数生成器の記事を参照。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 18668 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4843 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 34 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57488193 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 擬似乱数(ぎじらんすう、pseudorandom numbers)は、乱数列のように見えるが、実際には確定的な計算によって求めている擬似乱数列による乱数。擬似乱数列を生成する機器を擬似乱数列生成器、生成アルゴリズムを擬似乱数列生成法と呼ぶ。真の乱数列は本来規則性も再現性も無いものであり、その定義から、確定的な計算によって求めることはできない(例:サイコロを振る時、今までに出た目から次に出る目を予測するのは不可能)。一方、擬似乱数列は確定的な計算によって作るので、その数列は確定的である。また、生成法と内部状態が既知であれば、予測可能でもある。ある擬似乱数列を、真の乱数列とみなして良いかを確実に決定することはできない。一般に、さまざまな主として統計的な性質が、真の乱数列のそれと同じ(見分けがつかない)かどうかで、その乱数列の使用目的に適しているか否かを判断する。これを検定と言い、各種の検定法が提案されている。ただし、特に暗号に関する擬似乱数列については、他の用途とは異なる注意が必要である。一般に、一般のシミュレーション等には十分な性能を持った擬似乱数列生成法であっても、暗号の応用には不適であり、そのまま使用してはならない。暗号で使用する擬似乱数列については暗号論的擬似乱数の節および暗号論的擬似乱数生成器の記事を参照。
rdfs:label
  • 擬似乱数
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of