Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 播磨屋(はりまや)は、歌舞伎役者の屋号。初代中村歌六は、大坂三井の番頭・丹波屋甚助の子に生まれたが、播磨屋作兵衛の養子に出されたことにその名は由来する。中村歌六は五代目のとき、中村歌昇は三代目のとき、中村時蔵は五代目のとき、いずれも「萬屋」に替わったが、このうち歌六・歌昇の兄弟は後年元の播磨屋に復帰している( → 詳細は「萬屋」の項を参照)。三代目中村歌六の次男が「大播磨」(おおはりま)と呼ばれた初代中村吉右衛門である。播磨屋の代表的な名跡には以下のものがある。なお参考までに定紋も併せて記した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1609254 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2372 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 45 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54111572 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 播磨屋(はりまや)は、歌舞伎役者の屋号。初代中村歌六は、大坂三井の番頭・丹波屋甚助の子に生まれたが、播磨屋作兵衛の養子に出されたことにその名は由来する。中村歌六は五代目のとき、中村歌昇は三代目のとき、中村時蔵は五代目のとき、いずれも「萬屋」に替わったが、このうち歌六・歌昇の兄弟は後年元の播磨屋に復帰している( → 詳細は「萬屋」の項を参照)。三代目中村歌六の次男が「大播磨」(おおはりま)と呼ばれた初代中村吉右衛門である。播磨屋の代表的な名跡には以下のものがある。なお参考までに定紋も併せて記した。
rdfs:label
  • 播磨屋 (歌舞伎)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:屋号 of
is foaf:primaryTopic of