Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 摩文仁御殿(まぶにうどぅん)は、尚質王の次男・尚弘毅、大里王子朝亮(1647年4月9日(順治4年3月5日) - 1687年1月26日(康煕25年12月13日))を元祖とする琉球王族。第二尚氏の分家で、王国末期に摩文仁間切(現・糸満市摩文仁地区)の按司地頭を務めた琉球王国の大名。1世・朝亮は尚貞王の摂政を務めた。8世・朝健は総理官となり、ペリーの首里城訪問の際には応対している。10世・朝位の時、廃藩置県を迎えた。1世・朝亮が尚貞王より拝領した「摩文仁家の墓」(南風原町)は、沖縄県の指定文化財になっている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2304116 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1192 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 21 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56765405 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:人物
  • 大里王子朝亮
prop-ja:出身地
  • 琉球王国・首里
prop-ja:家名
  • 摩文仁御殿
prop-ja:家祖
  • 大里王子朝亮
prop-ja:家紋名称
  • 山桜内に右三つ巴
prop-ja:支流
  • 向氏胡屋殿内、向氏津覇殿内、向氏冨名腰家
prop-ja:本姓
prop-ja:根拠地
  • 琉球王国・首里
prop-ja:種別
  • 琉球王族
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 摩文仁御殿(まぶにうどぅん)は、尚質王の次男・尚弘毅、大里王子朝亮(1647年4月9日(順治4年3月5日) - 1687年1月26日(康煕25年12月13日))を元祖とする琉球王族。第二尚氏の分家で、王国末期に摩文仁間切(現・糸満市摩文仁地区)の按司地頭を務めた琉球王国の大名。1世・朝亮は尚貞王の摂政を務めた。8世・朝健は総理官となり、ペリーの首里城訪問の際には応対している。10世・朝位の時、廃藩置県を迎えた。1世・朝亮が尚貞王より拝領した「摩文仁家の墓」(南風原町)は、沖縄県の指定文化財になっている。
rdfs:label
  • 摩文仁御殿
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of