Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 摩擦力(まさつりょく、英語: friction)とは、二つの物体が接触している際に、その接触面に平行な方向に働く力。ざらざらで水平な机の上で、ある質量をもった物体を水平方向に引っ張る場合と、なめらかな氷の上で同様に物体を引っ張る場合とでは、その物体を動かすのに要する力は明らかに異なる。すなわち、氷の上で物体を引っ張ると簡単に物体が動いてしまうのに対して、ざらざらな机の上では物体を引っ張って動かすには、それよりも大きな力が必要である。これは、机の上においた物体の方が、何らかのより大きな力が水平逆向きに働いたからに他ならない。この様に、質量をもった物体が動いているとき、その物体の進行方向と逆向きに働く力を摩擦力(Frictional Force)という。後述の静止摩擦力と区別するために動摩擦力(Dynamic Friction)とも呼ぶ。また、静止している物体を動かそうとする際に働く摩擦力を静止摩擦力(Static Friction)という。物体の質量が大きい場合、その物体を動かすのにより大きな力を要し、ある限界値以上の力でないと物体は動かない。この物体が静止している限界でかかっている力、すなわち物体が動き出す直前にかかっている力を最大静止摩擦力(最大摩擦力)という。流体の粘性に起因して生じる力を粘性摩擦力という。これは相対速度に比例した力として定式化されるため、逆に数理モデルにおいて速度に比例する抵抗力のことを指してこう呼ぶ場合もある。詳細は粘度の項を参照。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 31339 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2889 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51538947 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名称
  • 摩擦係数
prop-ja:次元
  • 無次元量
prop-ja:英語
  • coefficient of friction
prop-ja:記号
  • μ
prop-ja:
  • スカラー
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 摩擦力(まさつりょく、英語: friction)とは、二つの物体が接触している際に、その接触面に平行な方向に働く力。ざらざらで水平な机の上で、ある質量をもった物体を水平方向に引っ張る場合と、なめらかな氷の上で同様に物体を引っ張る場合とでは、その物体を動かすのに要する力は明らかに異なる。すなわち、氷の上で物体を引っ張ると簡単に物体が動いてしまうのに対して、ざらざらな机の上では物体を引っ張って動かすには、それよりも大きな力が必要である。これは、机の上においた物体の方が、何らかのより大きな力が水平逆向きに働いたからに他ならない。この様に、質量をもった物体が動いているとき、その物体の進行方向と逆向きに働く力を摩擦力(Frictional Force)という。後述の静止摩擦力と区別するために動摩擦力(Dynamic Friction)とも呼ぶ。また、静止している物体を動かそうとする際に働く摩擦力を静止摩擦力(Static Friction)という。物体の質量が大きい場合、その物体を動かすのにより大きな力を要し、ある限界値以上の力でないと物体は動かない。この物体が静止している限界でかかっている力、すなわち物体が動き出す直前にかかっている力を最大静止摩擦力(最大摩擦力)という。流体の粘性に起因して生じる力を粘性摩擦力という。これは相対速度に比例した力として定式化されるため、逆に数理モデルにおいて速度に比例する抵抗力のことを指してこう呼ぶ場合もある。詳細は粘度の項を参照。
rdfs:label
  • 摩擦力
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of