Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 摂津 親鑑(せっつ の ちかあき / ちかみ、旧字体:摂津親鑒、生年不詳 - 元弘3年/正慶2年5月22日(1333年7月4日)は、鎌倉時代末期の武士・文官。摂津親致(ちかむね)の子。兄弟に親秀(ちかひで)があり、子に高親(たかちか)がある。正五位下、刑部大輔、隼人正。摂津氏は、九条頼経が征夷大将軍に推戴されて鎌倉に下向した際、随伴して侍読を担当し、そのまま鎌倉幕府の吏僚となった大外記・摂津守中原師員の子孫である。文官の中では、長井氏に継ぐ家格の持ち主であり、師員以来、師連、親致、そして親鑑と代々評定衆として幕府に出仕し幕政に参画した。親鑑は能吏として優れた人物で、持明院統と大覚寺統の間の調停を執り行って文保の和談を成立させたり、嘉暦の騒動が起こった折には北条貞顕に執権の座に着くよう懇請するなどの活躍を見せ、能吏として台頭、御内人の宿老に名を連ねるほど重用され、幕政中枢で力を振るった(詳細は下記年譜を参照のこと)。『太平記』によれば、元弘3年/正慶2年(1333年)、鎌倉幕府が新田義貞の攻撃により滅亡した際には、北条一族はじめ幕府の要人らと共に滅亡に殉じたとされ、自害に際しては長崎高重から「自分の自害を肴に一献傾けて欲しい」と頼まれ、「かような肴を献じられては、下戸でも飲まないわけには行かない」と、快諾して一献傾け、切腹したと伝わる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1935328 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2381 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 80 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57188146 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 摂津 親鑑(せっつ の ちかあき / ちかみ、旧字体:摂津親鑒、生年不詳 - 元弘3年/正慶2年5月22日(1333年7月4日)は、鎌倉時代末期の武士・文官。摂津親致(ちかむね)の子。兄弟に親秀(ちかひで)があり、子に高親(たかちか)がある。正五位下、刑部大輔、隼人正。摂津氏は、九条頼経が征夷大将軍に推戴されて鎌倉に下向した際、随伴して侍読を担当し、そのまま鎌倉幕府の吏僚となった大外記・摂津守中原師員の子孫である。文官の中では、長井氏に継ぐ家格の持ち主であり、師員以来、師連、親致、そして親鑑と代々評定衆として幕府に出仕し幕政に参画した。親鑑は能吏として優れた人物で、持明院統と大覚寺統の間の調停を執り行って文保の和談を成立させたり、嘉暦の騒動が起こった折には北条貞顕に執権の座に着くよう懇請するなどの活躍を見せ、能吏として台頭、御内人の宿老に名を連ねるほど重用され、幕政中枢で力を振るった(詳細は下記年譜を参照のこと)。『太平記』によれば、元弘3年/正慶2年(1333年)、鎌倉幕府が新田義貞の攻撃により滅亡した際には、北条一族はじめ幕府の要人らと共に滅亡に殉じたとされ、自害に際しては長崎高重から「自分の自害を肴に一献傾けて欲しい」と頼まれ、「かような肴を献じられては、下戸でも飲まないわけには行かない」と、快諾して一献傾け、切腹したと伝わる。
rdfs:label
  • 摂津親鑑
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of