Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 掘立柱建物(ほったてばしらたてもの、ほりたてばしらたてもの)は、地面に穴を掘りくぼめて礎石を用いず、そのまま柱(掘立柱)を立て地面を底床とした建物。掘立柱建物には、土間のままの建物もあり、床の高さが数十センチから一メートルくらいの木の床の建物もある。そのような建物は柱数によって大きさが異なってくる。建物の周りに立てる側柱(がわはしら)上で屋根を支持する日本の伝統的な建築様式で、高床建築と平屋建物に大別される。民家建築としては18世紀頃まで建物の主流であったが、近世後期には一般庶民の民家にも礎石が用いられるようになり、近代以降、運輸技術の発達により石が容易に運べるようになって廃れていく。現代では、コンクリートブロックやプレハブ建築の普及でほとんど見られなくなったが、外便所などの簡単な建物では今日でも稀に見受けられる。遺構(考古資料)としての掘立柱建物跡は、通常、柱穴の規則的な配列として確認される。また、掘立建物の床が人の背を越えるほどで、階段か梯子が必要な建物を高床建物という。高床建築の場合は、生活の痕跡が当時の生活面に残りにくい傾向がある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 943097 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9927 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 180 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49396249 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 掘立柱建物(ほったてばしらたてもの、ほりたてばしらたてもの)は、地面に穴を掘りくぼめて礎石を用いず、そのまま柱(掘立柱)を立て地面を底床とした建物。掘立柱建物には、土間のままの建物もあり、床の高さが数十センチから一メートルくらいの木の床の建物もある。そのような建物は柱数によって大きさが異なってくる。建物の周りに立てる側柱(がわはしら)上で屋根を支持する日本の伝統的な建築様式で、高床建築と平屋建物に大別される。民家建築としては18世紀頃まで建物の主流であったが、近世後期には一般庶民の民家にも礎石が用いられるようになり、近代以降、運輸技術の発達により石が容易に運べるようになって廃れていく。現代では、コンクリートブロックやプレハブ建築の普及でほとんど見られなくなったが、外便所などの簡単な建物では今日でも稀に見受けられる。遺構(考古資料)としての掘立柱建物跡は、通常、柱穴の規則的な配列として確認される。また、掘立建物の床が人の背を越えるほどで、階段か梯子が必要な建物を高床建物という。高床建築の場合は、生活の痕跡が当時の生活面に残りにくい傾向がある。
rdfs:label
  • 掘立柱建物
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:remains of
is foaf:primaryTopic of