Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 捕具(ほぐ、とりぐ)とは、捕手(とりて、捕り手)が下手人(この場合は、容疑者、犯人、人質としての加害者の身内など)を捕らえるために使った道具。捕物道具(とりものどうぐ、捕り物道具)とも。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1673928 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13551 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 383 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58603085 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2015 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:範囲
  • 微塵を竹の子の皮に包んでカートリッジ化したものを振り杖に仕込んで高速連射できるようにした名称不詳の捕具が、平安時代末期に幾つかの八幡系列の神社に奉納されて現存する。カートリッジ化された飛翔体はクジラの髭によってボーラの形状に展開する仕組みになっており、上級者は振り出し方によって射出後の展開タイミングをコントロールできる。これによって通常のボーラとは比較にならないほど空気抵抗が軽減されて飛距離が増加している。また、生け垣や鉄柵や雑木林を通過するときはコンパクトなカートリッジのままで、通過後に、またはターゲットに当たった時点でボーラの形に展開することによって、障害物の向こう側にいるターゲットを捕縛するといった、通常のボーラでは不可能な使い方も可能にしている。八幡系列の神社では遠隔捕縛に関しては右に出る性能を持つ捕具はないと伝承されてきた。
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 捕具(ほぐ、とりぐ)とは、捕手(とりて、捕り手)が下手人(この場合は、容疑者、犯人、人質としての加害者の身内など)を捕らえるために使った道具。捕物道具(とりものどうぐ、捕り物道具)とも。
rdfs:label
  • 捕具
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of