Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 挿頭(かざし)とは上古の日本人が神事に際して髪や冠に挿した草花のこと。儀式によって使用する草花に違いがあり、多少は個人の趣味志向が反映されるがあくまで装身具とは違う儀礼の道具である。生花のほかに絹糸細工や金銀細工の造花を使い、現在の宮中行事でも銀細工のものを使用する。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 635050 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 721 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 26 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58087323 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 挿頭(かざし)とは上古の日本人が神事に際して髪や冠に挿した草花のこと。儀式によって使用する草花に違いがあり、多少は個人の趣味志向が反映されるがあくまで装身具とは違う儀礼の道具である。生花のほかに絹糸細工や金銀細工の造花を使い、現在の宮中行事でも銀細工のものを使用する。
rdfs:label
  • 挿頭
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of