Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 指(ゆび)は、一般的に人間の身体の一部で、手や足の末端部にある突出部で、中に関節のある骨格を含む。人が日常的に使う部位だけに様々な意味合いを持つ言葉に発展し、慣用句でも多用されている。相同な構造は四肢動物全般に見られ、四肢の形成の初期から存在する物である。大和言葉としての「ゆび」は手足両方を指すが、漢字の「指」は手偏が付いていることからもわかるとおり、本来は手の「ゆび」を意味する。英語などのゲルマン語や中国語では手の「ゆび」と足の「ゆび」を区別する。「finger」と「toe」、「Finger」と「Zehe」、「手指」と「脚趾」など。また、英語では親指を除いた4本のみをfingerとする。日本語でも、医学用語では「指」と「趾」を区別する。一方、仏doigt・西dedo・伊ditoなどは「ゆび」と同様、手足ともに用いられる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 58879 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10065 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 165 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58359727 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 指(ゆび)は、一般的に人間の身体の一部で、手や足の末端部にある突出部で、中に関節のある骨格を含む。人が日常的に使う部位だけに様々な意味合いを持つ言葉に発展し、慣用句でも多用されている。相同な構造は四肢動物全般に見られ、四肢の形成の初期から存在する物である。大和言葉としての「ゆび」は手足両方を指すが、漢字の「指」は手偏が付いていることからもわかるとおり、本来は手の「ゆび」を意味する。英語などのゲルマン語や中国語では手の「ゆび」と足の「ゆび」を区別する。「finger」と「toe」、「Finger」と「Zehe」、「手指」と「脚趾」など。また、英語では親指を除いた4本のみをfingerとする。日本語でも、医学用語では「指」と「趾」を区別する。一方、仏doigt・西dedo・伊ditoなどは「ゆび」と同様、手足ともに用いられる。
rdfs:label
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:action of
is prop-ja:由来 of
is foaf:primaryTopic of