Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 持田 勝穂(もちだ かつほ、本名・持田 勝男(もちだ かつお)、1905年(明治38年)3月9日-1995年(平成7年)6月25日)。日本の詩人、歌人、ジャーナリスト。昭和の時代、東京主流の文化の中で地方の文化を盛り立てる事に努力した。同郷の北原白秋を唯一の師として、自らを「九州人」と呼び、作曲家、森脇憲三(もりわきけんぞう)と共に多くのカンタータやオペラを残している。晩年、大西民子(おおにしたみこ)と共に短歌結社「波濤短歌会」を創設した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2505441 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 19303 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 277 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59164389 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 持田 勝穂(もちだ かつほ、本名・持田 勝男(もちだ かつお)、1905年(明治38年)3月9日-1995年(平成7年)6月25日)。日本の詩人、歌人、ジャーナリスト。昭和の時代、東京主流の文化の中で地方の文化を盛り立てる事に努力した。同郷の北原白秋を唯一の師として、自らを「九州人」と呼び、作曲家、森脇憲三(もりわきけんぞう)と共に多くのカンタータやオペラを残している。晩年、大西民子(おおにしたみこ)と共に短歌結社「波濤短歌会」を創設した。
rdfs:label
  • 持田勝穂
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is dbpedia-owl:writer of
is foaf:primaryTopic of