Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 持明院 基久(じみょういん もとひさ、天正12年(1584年) - 慶長20年5月7日(1615年6月3日))は、安土桃山時代から江戸時代初期の公家。官位は従四位上、左近衛権中将。 正親町季秀の子で、持明院基孝の養子。妹に基子(後陽成天皇典侍、了性院)。子女は、持明院基征、河鰭基秀(河鰭公虎のちの西洞院時慶養子)、富小路頼直(富小路秀直養子)、持明院基定室。公家の身分でありながら、子の基征とともに大坂の役に参加し大坂城に入城し、最終決戦の天王寺・岡山の戦いで戦死した。また一説には落ち延びたが同年5月28日に没したともいわれている。高家旗本・大沢基宿の次男基定が基久の娘の婿となり、名跡を継ぐことを許された。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1312650 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 579 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 30 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 28382423 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 持明院 基久(じみょういん もとひさ、天正12年(1584年) - 慶長20年5月7日(1615年6月3日))は、安土桃山時代から江戸時代初期の公家。官位は従四位上、左近衛権中将。 正親町季秀の子で、持明院基孝の養子。妹に基子(後陽成天皇典侍、了性院)。子女は、持明院基征、河鰭基秀(河鰭公虎のちの西洞院時慶養子)、富小路頼直(富小路秀直養子)、持明院基定室。公家の身分でありながら、子の基征とともに大坂の役に参加し大坂城に入城し、最終決戦の天王寺・岡山の戦いで戦死した。また一説には落ち延びたが同年5月28日に没したともいわれている。高家旗本・大沢基宿の次男基定が基久の娘の婿となり、名跡を継ぐことを許された。
rdfs:label
  • 持明院基久
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of