Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 招魂社競馬(しょうこんしゃけいば)は1870年(明治3年)から1898年(明治31年)まで東京麹町区九段の招魂社(現在の靖国神社)境内にあった競馬場で行われていた競馬。日本人の手による最初の洋式競馬である(先に行われていた横浜や神戸の競馬は外国人によるもの)。主催は陸軍で招魂社/靖国神社の例大祭に際に行われ、九段招魂社の「馬かけ」や九段競馬、靖国神社競馬とも呼ばれる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2977482 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4972 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 31 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58639660 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 招魂社競馬(しょうこんしゃけいば)は1870年(明治3年)から1898年(明治31年)まで東京麹町区九段の招魂社(現在の靖国神社)境内にあった競馬場で行われていた競馬。日本人の手による最初の洋式競馬である(先に行われていた横浜や神戸の競馬は外国人によるもの)。主催は陸軍で招魂社/靖国神社の例大祭に際に行われ、九段招魂社の「馬かけ」や九段競馬、靖国神社競馬とも呼ばれる。
rdfs:label
  • 招魂社競馬
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of