Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 押田氏(おしだし)は、清和源氏の家系の一つ。河内源氏の棟梁八幡太郎義家の七男・陸奥六郎義隆を祖とする若槻氏の支流である。義隆の子頼隆の代に至り若槻氏が成立、頼隆は御家人として重きをなすが、鎌倉幕府内の北条氏と三浦氏の対立に巻き込まれ、討ち死にし、その子孫が千葉氏に匿われたことで千葉氏の重臣となり、押田氏として家名を伝えた。押田氏の家祖は若槻頼隆の長男若槻頼胤の子である押田頼広。代々千葉氏の重臣を務め、主家の姫と婚姻し、千葉氏の一門格となる。家紋は主家より賜った九曜紋。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 420567 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2444 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 91 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 42071404 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 押田氏(おしだし)は、清和源氏の家系の一つ。河内源氏の棟梁八幡太郎義家の七男・陸奥六郎義隆を祖とする若槻氏の支流である。義隆の子頼隆の代に至り若槻氏が成立、頼隆は御家人として重きをなすが、鎌倉幕府内の北条氏と三浦氏の対立に巻き込まれ、討ち死にし、その子孫が千葉氏に匿われたことで千葉氏の重臣となり、押田氏として家名を伝えた。押田氏の家祖は若槻頼隆の長男若槻頼胤の子である押田頼広。代々千葉氏の重臣を務め、主家の姫と婚姻し、千葉氏の一門格となる。家紋は主家より賜った九曜紋。
rdfs:label
  • 押田氏
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of