Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 抜刀術(ばっとうじゅつ)、もしくは居合(いあい)居合術(いあいじゅつ)とは、日本刀(打刀とは限らない)を鞘に収めた状態で帯刀し、鞘から抜き放つ動作で一撃を加えるか相手の攻撃を受け流し、二の太刀で相手にとどめを刺す形、技術を中心に構成された武術である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 69162 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5122 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 165 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58496534 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:使用武器
prop-ja:別名
  • 居合、居合術、抜合、居相、鞘の内、抜剣
prop-ja:創始者
  • 多数
prop-ja:派生種目
prop-ja:流派
  • [[#流派
prop-ja:源流
prop-ja:画像名
  • Iaijutsu.jpg
prop-ja:発生年
prop-ja:読み
  • ばっとうじゅつ
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 抜刀術(ばっとうじゅつ)、もしくは居合(いあい)居合術(いあいじゅつ)とは、日本刀(打刀とは限らない)を鞘に収めた状態で帯刀し、鞘から抜き放つ動作で一撃を加えるか相手の攻撃を受け流し、二の太刀で相手にとどめを刺す形、技術を中心に構成された武術である。
rdfs:label
  • 抜刀術
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:源流 of
is foaf:primaryTopic of