Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『抒情歌』(じょじょうか)は、川端康成の短編小説。川端が新境地をみせた初期の代表作の一つで、川端の死生観がよく示されている作品である。また、川端自身が最も「愛してゐる」作品の一つでもある。ある霊感の強い女人が、恋人に捨てられ、その人の死を知り、その苦悩や失意の中で「輪廻転生の抒情詩」に救いを求める愛と死の物語。嫉妬や呪詛、悲しみの末、禽獣草木、天地万物のうちに愛する人や自身を見出し、霊の国や冥土、来世で愛する人の恋人になるよりも、一つの花になりたいという汎神論的心境に思い至るまでの詩的な心の軌跡が、霊的モチーフで神秘的に描かれている。
dbpedia-owl:author
dbpedia-owl:country
dbpedia-owl:illustrator
dbpedia-owl:literaryGenre
dbpedia-owl:publisher
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2781235 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10242 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 204 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59006393 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:_
  • 1978 (xsd:integer)
  • 川端康成原作のテレビドラマ
  • 日曜劇場
  • 超能力を題材としたテレビドラマ
prop-ja:author
prop-ja:genre
prop-ja:illustrator
  • 挿画:高井貞二
prop-ja:language
  • 日本語
prop-ja:portal
  • 文学
prop-ja:published
  • 1932 (xsd:integer)
prop-ja:publisher
prop-ja:redirect
  • まつりのあとに
prop-ja:title
  • 抒情歌
prop-ja:type
  • 雑誌掲載
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『抒情歌』(じょじょうか)は、川端康成の短編小説。川端が新境地をみせた初期の代表作の一つで、川端の死生観がよく示されている作品である。また、川端自身が最も「愛してゐる」作品の一つでもある。ある霊感の強い女人が、恋人に捨てられ、その人の死を知り、その苦悩や失意の中で「輪廻転生の抒情詩」に救いを求める愛と死の物語。嫉妬や呪詛、悲しみの末、禽獣草木、天地万物のうちに愛する人や自身を見出し、霊の国や冥土、来世で愛する人の恋人になるよりも、一つの花になりたいという汎神論的心境に思い至るまでの詩的な心の軌跡が、霊的モチーフで神秘的に描かれている。
rdfs:label
  • 抒情歌 (小説)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 抒情歌
is dbpedia-owl:notableWork of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of