Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 抑圧された記憶(よくあつされたきおく、Repressed Memory)とは無意識下に封印された記憶、あるいはそのような記憶が存在するとする仮説のことを言う。回復した際の記憶のことを回復記憶(かいふくきおく、Recovered Memory)という。精神医学の用語・仮説である。自分の記憶の一部があまりに辛いもので、今自分が健やかに生きてゆくのに極端に妨げとなる時(例えば、自己イメージや自分の心理的な存在基盤等を著しく損なう記憶など)、人によっては「反射的」あるいは「衝動的」とでも呼んでよいような方法でその記憶を抑圧することがあるとされる。ジークムント・フロイトが指摘して以来、長らく実際に人間が意図的に記憶を忘却することが可能であるかに関して議論が交わされてきたが、2011年にスウェーデンのルンド大学の研究により脳波の測定によって人間が記憶を意図的に忘却する際の脳の活動メカニズムが判明したと発表された。この研究によって、記憶を忘却する脳のメカニズムを利用して心的外傷後ストレス障害(PTSD)の対処が行われる可能性が示されたが、通常の記憶を利用した研究であるためトラウマ記憶に関しては忘却方法はさらに複雑になることが予想された。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 742812 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9997 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 74 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57082136 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 抑圧された記憶(よくあつされたきおく、Repressed Memory)とは無意識下に封印された記憶、あるいはそのような記憶が存在するとする仮説のことを言う。回復した際の記憶のことを回復記憶(かいふくきおく、Recovered Memory)という。精神医学の用語・仮説である。自分の記憶の一部があまりに辛いもので、今自分が健やかに生きてゆくのに極端に妨げとなる時(例えば、自己イメージや自分の心理的な存在基盤等を著しく損なう記憶など)、人によっては「反射的」あるいは「衝動的」とでも呼んでよいような方法でその記憶を抑圧することがあるとされる。ジークムント・フロイトが指摘して以来、長らく実際に人間が意図的に記憶を忘却することが可能であるかに関して議論が交わされてきたが、2011年にスウェーデンのルンド大学の研究により脳波の測定によって人間が記憶を意図的に忘却する際の脳の活動メカニズムが判明したと発表された。この研究によって、記憶を忘却する脳のメカニズムを利用して心的外傷後ストレス障害(PTSD)の対処が行われる可能性が示されたが、通常の記憶を利用した研究であるためトラウマ記憶に関しては忘却方法はさらに複雑になることが予想された。
rdfs:label
  • 抑圧された記憶
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of